We Love Drama ♡

最新海外ドラマと映画とトム・ハーディーと

2015年今年観たドラマのベスト1・Fargo

   

ファーゴシーズン1

私の中でベスト3をつけるならば、今年観た海外ドラマの中では断トツ1位は『FARGO/ファーゴ』 シーズン1です。これもまた、True Detectiveと同じでシーズンオンエア時には観る気分ではなく今年に入ってみた海外ドラマです。夫は私に付き合って2回観ました。夫も周りの友人も皆、すごく良い!と絶賛だったので観ましたが、とても良かったです。何が良かったと言うと、ローン・マルヴォー役のビリー・ボブ・ソーントン、モリー・ソルヴァーソン役のアリソン・トルマン、レスター・ナイガー役のマーティン・フリーマン

この3人。すごく役にはまっていました。

41

私実はドラマのシャーロック・ホームズを見たことがなく、そしてまだホビットも見ていていなく、マーティン・フリーマンをリッキー・ジャーベイスがやっていたイギリスのテレビドラマ『The Office』の彼しか知らなかったのです。が、この人の演技、目で演技でしたね。あの、売り上げもろくになく、たいして美人でもない妻には虐げられていた保険のセールスマンから、殺人を機に、ローン・マルヴォーに出会ってからの変化。嘘をなんなく使うようになり、自信がついてきてお金も手に入れ、だけどやはり真の性格は臆病である。尋問や随所ある個所で嘘をつく時のあの目。”う~ん、知らないなぁ”としらを切る演技。見ていてムカツク~とさせる。

43

そしてビリーボブ・ソーントンの演技。完璧な殺し屋に不気味さとブラックユーモアを満載させ、そして少しお茶目な部分も見せる。あの髪型もあの目で相手を黙らせてしまう魔力も見ている側にすごく伝わった。レスターの家を探していて前の家を訪ねた時、子供の前でここの家前に殺人あったんだよ、とわざと言うところとか良いよね。トムハンクスの息子は普通だったな。

44

そして私の目の保養俳優はいなかったのだけれど、一番輝いて見えたのは、モリー役の女優さん。アリソン・トルマン。34歳。日本人からすると結構体が大きめで、一見どんくさそうに見えるのだけれど、この人がまた素敵だった。物事を曲げす、上司にレスターの件を取り合ってもらえなくとも、自分の信念を信じ、正義感に溢れ、そして思いやりを持ち合わせている温かい女性を演じきったなぁとほれぼれ。肌つるつるだったし。映画のFargoも面白かったけど、私は断然10話楽しめるこのシーズン1が良かったな。

20世紀フォックスのファーゴ公式サイト
全10話のあらすじ・写真・予告が載っています。

スターチャンネルのファーゴ公式サイト
こちらも全10話のあらすじ・主要登場人物の説明など載っています。

2016年1/26(火)より『FARGO/ファーゴ2』日本初独占放送スタート!
また、1/4(月)より『FARGO/ファーゴ』一挙放送が決定!(Starチャンネル公式サイトより)

ファーゴ テレビドラマのWikipediaページ
ここにもあらすじが詳しすぎるくらいに載っていますが、20世紀Foxの公式サイトが一番読みやすいと思います。

Photo©IMDb


 - Fargo