We Love Drama ♡

最新海外ドラマと映画とトム・ハーディーと

ホームランド シーズン5 エピソード8ネタバレ

   

エピソード8 タイトル All About Alison/アリソンの真実

あらすじ・ネタバレ

話は2005年と現在の交互に進む

2005年

キャリーはアリソンとのポジションを交代する為にバグダッドに到着。アリソンはイラク情勢に不満だらけで、去ることになっている。彼女ははイラク人の弁護士・ナザリをキャリーに紹介するが、彼はアリソン以外とは仕事をしたくないとキャリーを拒否する。

ナザリとはアリソンは個人的に会っており、彼は体系的に法務省から800万ドルを盗んだから一緒にここから逃げようと誘う。後日彼女が彼と一緒に逃げることを決意し、ナザリに飛行機のチケットなどを渡していると、ロシアの諜報員クルピンが突然部屋に入ってくる。

ナザリはクルピンのおとりで、その場から去り、クルピンは今までのやり取りはすべて録画されているからばれたら連邦刑務所行きだぞと脅し、CIAでのキャリアアップに必要な情報とお金と引き換えに彼女はにSVRCIAの二重スパイになる。

現在

キャリーは、ある町で車を降り、ある教会の聖書にメモを挟む。車の中からアリソンに再度電話をかけ、会いたいとお願いする。(キャリーはアリソンに初めて会った時のことを思い出す。)

教会へ立ち寄り、キャリーからの伝後を見たアリソンはあるカフェでキャリーを待つ。キャリーはしばらく離れたところから彼女を偵察し、席へ向かう。キャリーはイラク人の弁護士がまだ生きてることを告げ、CIAが持っているナザリのケースファイルを確認して欲しいとお願いする。

アリソンは企業秘密だから難しいと言うが、キャリーは命を狙われているのと懇願し、彼女はソールからもらったCIAのリーク文書を公にしないことを条件に、なんとかしてみると承諾する。

少し離れたビルにはクルピンが送った狙撃マンがキャリーを狙っていたが去る。その後ニューマンがナザリのパソコンに侵入することに成功。何から調べればよいかわからなかったが、一つの写真に目がいく。

セント・ルーシアのビーチバーでの彼の写真だ。そしてそれを聞いたキャリーは昔、アリソンがその島でのビーチバーで男は最高だと言っていたのを思い出す。

感想

2005年と現在の話でなかなか面白かったです。一つ、2005年のアリソンがまたカツラをかぶっているんだけど、キャリー同様なんか変なんですよ。カツラの髪がぼさぼさでかぶってるってわかるんです。

クインの事書くの忘れましたが、彼はシリアのジハードグループと一緒にシリアへ向かてるんだけれど、途中食料だの消耗品の仕入れの停泊しているところで、リーダーの男に頭を打たれます。気付いた時には頭から血を流し、縛られトラックの荷台の中。今のところクインはこのシーズン散々です。

そして、あの上司オットー。キャリーとの電話でジョナスは私のことを話していたか?との質問に、彼は何にも言ってないなかったと嘘をつく。ますます怪しい人物になってきました。

エピソード9ネタバレ・感想はこちら

PhotoIMDb


 - Homelandシーズン5 ,