We Love Drama ♡

最新海外ドラマと映画とトム・ハーディーと

ニコラス・ケイジPay the Ghost あらすじネタバレ

   

ニコラス・ケイジのホラー映画 感想

あらすじ・ネタバレ

大学で教えているマイク(ニコラス・ケイジ)はハロウィン当日、大学教授に就任する通知を受け取ります。
ハロウィンの前日に息子チャーリーとカボチャを切り抜く約束をしたのに、タクシーが捕まらず時間に帰れないわけです。
息子と妻はしびれを切らし友人たちとカーニバルへ。息子は黒い大きなハゲタカを見たりして何か不安顔。
2人がかえって来ると、玄関ポーチでマイクが待っていて、息子はこれからお父さんとカーニバルへまた行きたいと言い、2人でまた大通りで行われているカーニバルへ足を運びます。
息子は嬉しそうに肩車をされ、ビデオカメラで撮影している。
そして撮影していると一瞬黒いマントのような服を着た人物が自分を見ていることに気付き、ビデオを止める。(あぁなんかホラーのあらすじ書いてて嫌になってきた。。)

アイスクリームを買いに行き、ワゴンの前で待っていると手をつないでいたはずの息子がいなくなっている。
大声を出して探すがどこにもいない。残っているのはかぶっていた海賊の帽子だけ。
自宅に帰り妻に伝え、2人で探しに行くが見つからず、警察に捜査をお願いする。
警察が帰り妻は平常心を装うとするが、マイクになんで父親なのに子供のそばを離れたのよ!と非難を浴びせる。私の息子が、、、と泣いて部屋を出る妻。(この妻役はサラ・ウェイン)

そして時は1年後のハロウィンの3日前頃。
マイクと妻は別居をしており、マイクは息子を探すことに頭がいっぱいで大学での人気だった熱弁講義もやる気がおきない。しかし大通りに息子の行方不明の張り紙をしてる時に通りかかったバスの中に息子を発見する。
追いかけバスに乗るが息子はいない。それから息子が暮らしていた家でも不可解な現象が続くが、あきらめずに調べ続けるマイク。マイクは息子がいなくなる直前に、Can we pay the ghost?と言ったのを覚えていて、妻は前日に息子が窓の外に何かを見たのをマイクに話す。
ハロウィンの当日に行方不明になった子供たちが物凄く多いことに気付き、
この住んでいる街の大昔の忌まわしいハロウィンにまつわる事件をつきとめる。

そしてマイクは息子を救いにいく。

228

感想

もうね、ホラー映画好きじゃないのに見たりしちゃったから。。
なんで見たかというと、息子が行方不明になったトレーラーを見て、最後が気になってしまったから。
ハッピーエンディングじゃなかった時は究極にへこむくせに、子供が行方不明もの、見たくないのに見てしまう。あの、アンジェリーナ・ジョリーのチェンジリングはへこんだ。

もろニコラス・ケイジの映画なんですが、以外に悪くなかったです。
ニコラス・ケイジが悪いんじゃなくて、時々これはちょっとねという映画のニコラス主演作品がえっこうありますよね。

あらすじ・ネタバレには核心な個所は書いていないけれど、不可解な現象が起きるところとか、
子供の霊の映像とかもう駄目だった(泣)
夫はもう全然平気。何度もびくついている私を笑っていた。
これは映画だから、作り物だから、怖がらせる為にわざと作ってるんだよが口癖。
でも怖いものはこわいのだよ。
レイトは★5.1と低い映画だけれど、ホラー好きな人は見ても損はないと思います。
日本公開は年内でしょうか。

画像元:IMDb


 - 新作映画・映画感想