We Love Drama ♡

最新海外ドラマと映画とトム・ハーディーと

11/22/63あらすじ・ネタバレ第6話

   

Happy Birthday, Lee Harvey Oswald

1963年10月16日

時はエピソード5より6か月後。

オズワルドは何やら忙しそうなオフィスで仕事の面接を受けている。彼と妻は別居をしており、妻は妊娠している。彼は仕事が決まったから帰ってきてくれと頼むが、考えるわと言う彼女は帰る気はなさそうだ。

家に帰ったジェイクはビルの仕事へのあまり熱意がない様子に困っている。ビルは今までこんなに盗聴しててもオズワルドが暗殺の計画話を聞いたことがないから暗殺事件なんて起きないと言う。

セイディとジェイクは仲睦ましが、サディの顔には大きく傷が残っている。彼女はオズワルドの件は警察に電話したらと提案するがジェイクあと1か月だからと言う。

ビルはジェイクが知らない間にオズワルドとその妻マリーナと友人になっている。パーティーでオズワルドは自宅に盗聴器があるのを発見し、動揺しその場を去る。ジェイクはビルにここを出るぞと言うがビルは聞く耳を持たない。

ビルとマリーナはどうやら関係を持っているようだ。彼はマリーナを愛していると言い、ジェイクと言い争いをしここはもう俺の場所だから出ていけと言い放つ。

セイディは家の傷を治す手術を受ける。ジェイクは病院であのYou shouldnt be hereと言いよって来た男(Yellow Card Man)を見かける。そして不穏な予感がしてセイディの手術を無理やり止めさせる。ジェイクが止めずに手術をしていたらサディに酸素が行き届いていなかった事態だった。

ジェイクはビルにマリーナが出産直前でお前を呼んでいると病院へ一緒に行くが、それはジェイクがビルを封じ込ませる嘘だった。

ジェイクは電話でセイディに結婚してくれと伝える。

70

その直後、彼はセイディの手術金を得るために騙したギャンブラーとその手下のちんぴらから暴行を受け、病院へ運ばれた時にはセイディのことさえ思い出せない状態になってしまう。

感想

ジェイクが過去にいることでもうすでに過去が随分と変わってしまっているはず。
その微妙なずれが本来ならどんどん未来へ(現在)に影響してるはずで、あと2話でどんな展開になるのか気になります。シーズン2を作るんでしょうか。

第8話最終回
Photo©Hulu


 - 11/22/63