We Love Drama ♡

最新海外ドラマと映画とトム・ハーディーと

アウトランダーシーズン2ネタバレ・第2話

   

エピソード2 Not Scotland Anymore

時は1948年パリ

クレアとベッドで愛を交わしているジェイミー。突然クレアがブラック・ジャックに変わり、ジェイミーは彼をナイフでめった刺しにする。血だらけになったジョナサン・ランドルの顔、目が開きまた閉じる。という悪夢にうなされ起きる。
クレアは彼はここにはいないから大丈夫と言うが、ジェイミーは奴は俺の頭の中で生きている、と言い、クレアは彼は死んだのよと後ろ際に言うが、彼の苦悩は大きい。

翌日クレアは一人綺麗なドレスを着て馬車に乗り出かける。精油や薬草などが置いてある(クロコダイルもいたよ)レイモンドのお店(アポセカリー、薬屋)を訪れ、夫が眠りに困ってるからとあるものを探しに来たようだ。

ジェイミーは多くの貴族が見ている中、マータフと剣で戦いの練習をしている。
彼らの会話の最中、ウェントウォース以来初めて自然な笑みを見せるジェイミー。

ジャレッドのおかげでジェイミーはプリンスチャールズに会うチャンスができ、とマータフと共にはプリンスチャールズと話しをするため娼館を訪れる。
がしかし、チャールズは政治的戦略が頭に描けないただのボンボンであった。

クレアの新しい友人、ルイーズはクレアに一緒に宮廷へ行きましょうと誘われ喜ぶ。当時のパリの上流階級女性にはヘアワックスが当たり前らしい。ルイーズが股を広げワックスをはがすところを興味深々で見守るクレアとメアリー。その夜、クレアはジェイミーのいるベッドへ。ヘアワックスをしたクレアに触れ驚くが嬉しそうなジェイミー。(もう、エロいんだけど恋する2人は可愛くて見てて思わず笑ってしまったこのシーンのセリフ)愛を交わすふたりだが、またもクレアがランダルに見えてしまい、大丈夫よ寝ましょうと言う優しいクレア。
2

2週間後、宮廷へで帰る準備をしているジェイミーとマータフ、すると階段を真っ赤なゴージャスなドレスで降りてくるクレア。胸元が開いたドレスに見惚れる2人。

そしていざ宮廷へ。ルイーズに案内されているとジェイミーの元へ古い友人アナーリーぜが抱きついてくる。そして便秘の王の用足しをみんなで見守るシーン。(これ必要だったのかな・・・)会談の中、他の女性貴族たちはクレアに嫌味を言うが彼女は気に留めず。(ここら辺もなくても良かったね)

25

そしてマータフはサンドリングハム公を見かける。剣を抜こうとするがジェイミーに止められ、そこへクレアもやってきてくる。そして男2人が席を外した後、サンドリンガム公は先ほどメアリーと仲睦まし気に会話をしていた青年をわざとらしく紹介する。その男の名は、アレックス・ランダルブラック・ジャックの弟である。動揺をを隠しつつ、クレアはアレックスに亡くなったんじゃない・・・の?と聞くが、兄は生きていると。クレアは驚愕し顔をこわばらせる。ジャイミーを探しに行き、伝えるべきかどうか彼女のナレーションでジ・エンド。

感想

やっぱりね、生きていたんだね。ここからなんですねまた物語が始まるのは。
しかも、この弟のアレクサンダー・ランダルがどこかしら似ているんだわ。礼儀正しく、兄のように極悪非道ではなさそうだけれど。

見どころ3つ。
■ジェイミーがクレアのブラジリアンワックスした体に触れたときの会話、
■真っ赤なゴージャスなドレス、ドア通れるのってくらい大きいけど
■もちろんエンディング、アレックス・ランダルとブラック・ジャック
プラス、サンドリンガムの顔と態度が超ムカツク。

エピソード3
エピソード4
PhotoIMDb©


 - アウトランダーシーズン2