We Love Drama ♡

最新海外ドラマと映画とトム・ハーディーと

マイケル・ファスベンダーの映画マクベス・感想

   

原題Macbeth・感想

英国公開 2015年10月2日
米国公開 2015年12月4日
日本公開 2016年5月13日

監督 ジャスティン・カーゼル
上映時間113分 PG-12

あらすじ・概要

映画マクベス公式サイト

今年で没後400年のシェイクスピアの4大悲劇のうちの一つ、マクベスの映画化作品。時は戦乱のさなかの中世のスコットランド、領主のマクベスは戦いに勝ちその後3人の魔女が現れ、マクベスが王になるだろうと言われる。それを実現する為に忠誠を誓ったダンカン王を殺し、罪を王の従者に被せ自分が王になり、しかし幻影に取りつかれ始めだんだんと地に落ちていく。

5

6

感想

うわぁ、なんかすごいね、あんまりこうゆうスタイル見たことないわ、っていうのが初めの感想。
珍しく一人で見たんですけど、寝はしなかったけれどすごく好き嫌いが分かれる映画だと思います。ストーリーは面白いのに、撮り方が超独特で、色合いにしろ、(オレンジ色が印象的)戦いのシーンはストップモーーションが有り、そしてシェイクスピアの独特の長いセリフなど。

シェイクスピアの話しなんて、ロミオとジュリエット、リア王、リチャード3世、夏の夜の夢くらいしか知らないけれど、この魔女3人ってのが気になるんですよねぇ。映画の中ではうわっ、不気味って印象も受けた。

■カンヌ国際映画祭では上映後10分間のスタンディングオーベーション。(10分ってすごいね)
■当初ナタリー・ポートマンがマクベス夫人役だったけれど彼女が蹴ったのでマリオンに決定した。
■マリオン・コンティヤールはフランス人で初めての英語でのマクベス夫人を演じた。

8

13

この二人、2016年12月公開予定の映画Assassin’s Creedでも共演。

で結果感想はどうだったのかと言うと、う~ん、見る価値はすごくある。マイケル・ファスベンダーもマリオン・コンティヤールも他俳優、ショーン・ハリスや3人の魔女も誰かわかんないけれど。でも見た後疲れそう。悲劇だし、重いし。私の好きなタイプの映画ではありませんでした。あぁ分かった、夢っぽいんです。夢に出てくる感じの物語。悪夢までいかないけれどちょっと気味悪い感じの夢。覚めた後スッキリしない感じの。

マイケル・ファスベンダー関連記事はこちら007アンケート
Photo by IMDb


 - 新作映画・映画感想