We Love Drama ♡

最新海外ドラマと映画とトム・ハーディーと

ゲームオブスローンズシーズン6ネタバレ劇場・第3話

   

エピソード3あらすじ・ネタバレ

タイトルOathbreaker

前回のおさらい

ルース・ボルトンはラムジーに殺され、ベイロンは弟に殺され娘のヤーラが女王になれるかどうか、アリアはジャクエンにもう乞食は終了と連れて行かれ、ソーンはダヴォスと野人たちに捕らえられ、ジョン・スノウがメリサンドルの魔術で息を吹き返した。

6

目が覚め驚いているジョン・スノウ。なんで俺はいきているんだと戸惑う彼に、メリサンドルは刺された後何を見たの?スタニスは王ではなかったの、神があなたを甦らしたのよ。何も見ていない、と自分がなぜ生き返ったのかわからないジョン。ダヴォスは理由はわからないが、お前は一度死んで蘇った。それでも戦い続けるんだと。

サムとジリは船にいる。サムはオールドタウンにある、知識の城に行くらしいが、そこは女は入れないという。なのでジリはサムの故郷、角の丘城へ行くことになる。

1

ブランはまた父の若い頃を見ている。狂王は死に、太子の命でスタークと戦う男達。ネッドよりも強く、彼は剣を落としてしまう。

やられるかと思いきや、仲間のホーランド・リード(ミーラの父)が男を後ろから刺す。棟の中から声が聞こえ急ぎ様に中へ行こうとするところをブランは父上と呼ぶ。振り向くもネッドには息子ブランが見えない。

62

老男に手を置かれ洞窟の中に引き戻される。塔の中で何があったのかを知りたいと言うが、過去は変えてはならぬと諭される。属さぬところに長くいると戻れなくなると。老いた男は木の根にからまれ1000年もここにいると言う。そしてブランにここを去る前にすべてを学べと言う。

 

改造人間サー・グレガーを作ったクァイバーンはヴァリスが手名付けておいた子供たちを小鳥と呼び、町の噂を私に届けろと言う。そこへ、ジェイミーとサーセイが来る。誰が私たちの事を潰そうとしているのか、小鳥をドーンにもハイガーデンにも送れと命令する。

64

少年キング・トメンは、母が娘ミアセラの墓参りをしたい旨を申し出にハイスパロウの元を訪れるが、まだ7人の司祭の前で裁きを受けて真の罪を明らかにしないといけないと、墓参を許可しない。

まだ盲目のアリアは相変わらずお前は誰だの問答をしながらこてんぱにやられている。ウェイフからの一撃を止めた時、後ろにはジャクエンが立っていた。ウェイフは去り、ジャクエンに聞かれる。

名を言えば視力を返してやると。名はないと答えると、ジャクエンは器に水を汲みそれを飲んだアリアは視力が戻る。また何者だと聞かれ、何者でもないと答えるアリア。 あぁやっとこのしつこかった問答も終わりか。

63

ラムジー・ボルトンは北が攻めてきた際にアンバー家と同盟について話している。ラムジーはボルトン家の旗主になって忠誠を誓えと言うが、アンバーは伝統を重んじないお前に誓いなんてごめんだと断る。しかし手土産を持ってきたと言い、オシャと3男リコン・スタークを差し出す。証拠にオオカミの頭も。よく戻られたスターク公と笑顔で迎えるラムジー。

21

ジョン・スノウはアリゾン・ソーン率いる反逆者4人を首吊りで処刑し、その後着ていた総督のコートをにエドに渡す。俺の役目は終わったと。

見どころ

■コリン・スタークが再登場。しかもラムジー・ボルトンの元へ・・。
■次回からジョン・スノウはどこかへ行くのか

今回の死者

アリゾン・ソーン
1
お前に安息はない。

続きはまた来週。

ネタバレ劇場・第1話.第2話第4話
スターク家の過去の真実
次は誰が死ぬかラニスター家
グレイジョイ家の今後
PhotoHBO


 - ゲームオブスローンズ劇場シーズン6