We Love Drama ♡

最新海外ドラマと映画とトム・ハーディーと

シャーリズ・セロン映画ダークプレイス:感想

   

原題:Dark Places

米国公開:2015年8月7日
日本公開:2016年6月24日
上映時間:112分

概要


28年前に起こった家族3人の殺害事件。犯人として逮捕されたのは、当時中学生だった長男。逮捕の決め手になったのは、生き残った8歳の三女による目撃証言。 家族をすべて失い、心の傷が癒えないまま成長した、その三女リビーは、28年後に事件と再び向き合うことになる。 あの夜、彼女は何を目にしたのか──?兄のベンは本当に家族を殺害したのか──?リビーが真相に迫る現在と、28年前のドラマが絶妙にシンクロし、じわじわと明かされる人々のダーク・プレイス=心の闇。

ダーク・プレイス・オフィシャルサイトより抜粋

感想

見たのは去年で随分前なんですが、感想一言。悲しいお話し。重いし。子供を持つ親としては2回は見たくない作品。

現代よりも28年前のストーリーの方が間違いなく描写が良いと思う。シャーリズ・セロンがカッコイイと何人かの評論家が言っているけれど、この作品ではいたって普通。

原作はベン・アフレックのゴーンガールの作者と同じなんだけど、ゴーンガールの方は私には最後がはぁ?だったのでこちらの映画の勝ち。なんか最近の日本の映画のオフィシャルサイトって公開前なのにものすごい情報量をのっけているので、いろいろわかってしまうと思うのですが、どうなんだろう。ミステリー作品ならあんなに載せなくても良いのに、と感じてしまいます。

ネタバレ読んだら絶対面白くない作品になってしまうので見る予定の方は読まない方が良いと思う。

28年前の兄役の俳優タイ・シェリダンがアポカリプスにも出演。
Photo©HBO


 - 新作映画・映画感想