We Love Drama ♡

最新海外ドラマと映画とトム・ハーディーと

ゲームオブスローンズ劇場シーズン1・第6話

   

A Golden Crown

ジェイミーの護衛の一人に刺されたエダードはベッドの上で目が覚める。わきにはロバート王とサーセイ王妃がいる。妻のキャトリンがティリオンを捕虜にしていることを言われるが、すべて自分の命令でやったと言う。ねちねち文句を言うサーセイに対し、ロバートはティリオンと解放してジェイミーと和解を命令する。

薬で朦朧としながらもエダードは、ジェイミーは自分の部下を殺したので正義のために彼を連れ戻させてくれと王に頼む。それでも横槍を入れ、自分が王の鎧を着るべきだわと出過ぎたサーセイに、ロバートは平手をする。

サーセイは部屋を去り、ロバートはとにかくティリオンを解放しろと。ラニスターとスタークが戦っては国は収まらず、ラニスター公には多額の借金をしているからジェイミーのことを処罰できない旨を話す。そしてお前は俺が選んだ兄弟で、王の手のバッチをエダードに放る。ロバートが狩りに行っている間、アイアンスローンで替わりをしろと。王の手に再就任だ。

ドラゴンの卵

デナーリスはドラゴンの卵の一つを燃えている石の上へ置く。熱いであろう卵を手に取ったところで侍女はそれを止めるが、デナーリスは火傷の一つもしなかった。

ブラン襲われる

ブランは歩いており、また三つ目の鴉を追いかけている。鴉は飛び立ち、そこで目が覚めるブラン。部屋にホーダーは馬に乗れるように馬具を持ってきてくれた。(ティリオンが設計図をくれたもの)

シオンとロブを連れ、森でブランは馬に乗ってご機嫌だ。話し込む二人はブランがいなくなったことを気づき、探し出す。ブランは野人たちに襲われそうになっている。ブランは自分はブランドン・スタークだ、と名乗るが野人の一人(オシャ)が、ベンジェン・スタークの甥で、マンス・レイダーが欲しがるから殺さずにいようと提案する。男の一人はホワイトウォーカーから逃げるために南へ向いたいらしい。

そこへ、ロブが剣を抜き野人に向ける。しかし男一人がブランの首にナイフを当て、ロブに剣を下ろせと命令する。そこへ後ろからシオンが矢で男を射止める。シオンは女を殺そうとするが、ロブはそれを止め、女はロブに命乞いをする。

月の扉

ティリオンは横が絶壁の牢屋入れられており、牢屋の門番モードにお金をやるから出してくれとそそのかす。が、現金を持っていないので出してくれない。

お前は賢いから、馬鹿なモードにラニスターのように金持ちに、という言葉を聞いたことがあるだろうとその気にさせる。そして、ラニスターは必ず借りを返すと言い、ライサの元へ連れて行ってもらう。

ティリオンは自分の罪を告白すると言い、幼少の頃にした馬鹿ないたずら話しをはじめる。周りにいる者は笑いだし、ライサを怒らせる。キャトリンはブランとジョン・アリンの件はどうなのか?と聞くも、ティリオンは何の身に覚えがないと答える。ライサは広間の中心にある開けるとそこは地上へ落ちてしまう、月の扉を開けさせる。

決闘裁判をしようとすると、ライサ側は多くの男達が名乗りでる。ティリオンも擁護者を募るも、誰も出てこない。皆に笑われ始めるが、ブロンが名乗り出る。

盾まで持っているフル装備のサー・バーティスに対して剣1本のブロン。しかし勝ったのはブロンで、彼は最後に相手の首を刺し、男をを月の扉から突き落とす。ティリオンは金を返してもらい、家に帰る言い谷を去る。そして去り際にモードに金を払う。ブロンはティリオンと一緒だ。

His name is Death

アリアはシリオ・フォレルとけいこの時間だが、彼女はジョリーは殺されて父もケガした今日はけいこをしたくないという。シリオはそれはちょうど良いとばかりに、剣のけいこを始める。

そして言う。この世に神は一つだけ、その名前は死神だ。死神に言うことは一つ、死ぬのは”今日ではない。”

デナーリス

伝統の儀式、馬の心臓を食べてるデナーリス。頑張れ、その調子だとドロゴはじっと彼女を見ている。馬の心臓を据えて食べ終わることができ、生まれてくる男の名はレイゴだと叫び、ドロゴは彼女を誇り思い、部族の皆も彼女を称える。ヴィセーリスはドラゴンの卵を盗もうとしているところへ、ジョラーがやってくる。

ヴィセーリスはジョラーが妹に恋心を抱ているのを見透かし、2人を馬鹿にし、自分はドラゴンだと相変わらずだ。ジョラーはドラゴンの卵を置いていけば行かせてやると言い、ヴィセーリスは去る。

ロバートへの罠

狩りへ出かけたロバート王は弟のレンリーとランセル、サーバリスタンを連れている。抱いた女の話をしてるとレンリは兄を馬鹿にしたような話し方を始め、ロバートを不機嫌にさせるそしてワインを飲むロバート。

エダードはロバートの替わりに民の話を聞いている。男はサーグレガークレイゲインがタイウィン・ラニスターの命令で河川地帯の大部分を燃やし、領土を奪い、女たちを犯し殺し、子供たちまで火あぶりにされたと訴えている。エダードはティリオン・ラニスターに鴉を送り法廷に出廷するように、そして偽騎士のクレゲインの私権を剥奪し、死刑を宣告することを王の名において皆に伝える。

サンサの元へジョフリーがひどい態度を取った事を謝りに来た。そしていつか僕の横で王妃になると言い、サンサは顔をほころばせる。

エダードは娘2人に身の安全のためにウィンターフェルへ帰れと言うが、アリアは剣の稽古があるから嫌だと言い、サンサはジョフリーと結婚するから嫌だと聞かない。彼女はジョフリーのようなバウロンドヘアの子供を産むとまで言ってる。

娘たちの会話に何か気付いたものが有り、エダードは名家の系譜と歴史の書をまた開く。そして気付くのである。バラシオン家は代々髪の色が黒であり、ジョフリー・バラシオンが金髪な事を。

Golden Crown

儀式が終わり皆で宴を楽しんでいる最中、出て行ったはずのヴィセーリスが酔っぱらって乱入してきた。剣を抜き、ジョラーは殺されるぞと言うが馬鹿な男は聞かない。デナーリスに剣を向け、子は腹を切って置いていき、お前を返しにもらいに来たと。横ではドロゴに通訳がヴィセーリスの話していることを教えている。

ドスラクの言葉で何かを話すドロゴ。デナーリスは兄にドロゴが黄金の冠を捧げると言っていると言う。どこまでも馬鹿なヴィセーリスは喜ぶが、つかの間すぐに捕らえられる。そして金のアクセサリーを溶かし、ドロゴはCrown for the Kingと言い、それを彼の頭の上から被せたのだった。

デナーリスは言う。彼はドラゴンじゃなかった、火はドラゴンを殺せないもの、と。

今回の死者

ヴィセーリス・ターガリエン:愚か者で蛇以下。

第7話

Photo©HBO


 - ゲームオブスローンズ劇場シーズン1