We Love Drama ♡

最新海外ドラマと映画とトム・ハーディーと

The Pathあらすじネタバレ・第4話

   

第4話 The Future

ミランダは病院へ運ばれた。サラは自分が罵ったせいだとエディに言うも、それでもエディと彼女の仲を疑っている。カルはミランダの病室を訪れ、誰も信じてくれないという彼女に得意の話術で誘導し、ペルーで何があったかを話させる。彼女はエディが泣いていて、彼が何かを見てそこには ”光がない” などと言い続けるので彼を助けたかった。と告白する。カルはエディが何を見たのを知りたくて仕方がない。

ミランダの混乱している心情を上手く使い、カルは彼女にエディと浮気したことを認めさせる。それをサラとエディに話すカル。ペルーですべてが起こった、と。エディは病院へ行くが病室を教えてもらえずミランダには会えない。

お金持ちの息子フレディのセラピーは上手くいっているように見えるが、サラは息子が薬を断つと前向きになっている態度は嘘だと見抜き、それを両親に伝えるが、父親は怒って教団から離れさせる。案の定、速攻薬でラリっている息子。

カルは教団の経済的サポートを断たれては困るので、サラのやり方に注意する。

彼はメアリーの部屋を訪れる。ショーンと仲良くなれと言っておきながらも、彼女の体に触れながら自分一人で自慰行為をする。メアリーは超欲求不満だ。

教団のセレモニー当日

違う地区のメイヤリズムのリーダー夫妻のビルとフェリシアがサラ達の施設を訪れる。サラの家族とは旧知の仲だ。アリソンは教団のセレモニーで、父親が彼女が11歳の時から男に体を売るように強要され始めたことを皆の前で話す。ゲインズもそこで初めて彼女の父親の嘘を知る。(カルが殴ったのは事実だけど)

二人はカルが教団の中でのし上がっていくのに反対のようだ。2人はカルがミランダを家へ囲っていることを知っていると責めるが、カールは2人を家へ連れて行き、ミランダが改心しているところを見せられ拍子抜けだ。カルのマインドコントロールの凄さ。

そしてミランダはエディの元を訪れ、施設を移ることを伝え、謝る。

ホークは夜外出禁止の家のルールを破り、アシュリーに会いに学校のパーティーに行く。ホークは彼女にキスをする。

カルはエディにランク上げの研修、7Rをやって見ろと言う。それは心理的に何かを発見するまでただひたすらスコップで穴を掘っていくものだった。

見どころ

ヘッドギアとかつけてたり、セレモニーの歌を歌うシーンとか、手を仰いで光を、とか超カルトで、思わず笑ってしまう。本当は心の底ではメイヤリズムを疑っているのに、家族との絆を壊したくないのでそれを押し隠して、ランクアップの穴掘りとかしてしまうエディ。そして、この家族で唯一ピュアな青年ホーク、何かと文句を言ってくる従妹のジョイがもううざくて、カルト家族に負けずに頑張れ~と応戦したくなる。

第5話
Photo©Hulu


 - The Path