We Love Drama ♡

最新海外ドラマと映画とトム・ハーディーと

泣けた第6話・MR.ROBOTシーズン2あらすじネタバレ

   

eps2.4_m4ster-s1ave.aes

Master and Slave

オープニングはシットコムスタイルで始まり、エリオットだけ何が何だかわからず父の運転する車で家族でドライブしているところから始まる。18分このシットコムが続き、病院へ着いたところでエリオットは夢から目が覚める。(※これはこれで結構楽しくて、意味があるのだけど省略)

ぼこぼこにされたエリオットは薄汚い病室で目が覚める。顔はあざだらけで、切れている腕などはキレイに縫われていない。息も切れ切れで、目をぎょろぎょろさせる。そこにはレイと彼の暴力執行人がおり、レイは昔、飼っていた犬が少し噛んだので殺さなければいけなかったと話す。お前のマスターは俺だと言いたいのか。

アンジェラ達

TVでは北京でFBI4人が射殺された事件をニュースでやっているが、同じホテルの自分の部屋にいたFBIの上司は助かっており、ドミニクはそれをつつきそしてダークアーミーの件を話すも、彼はダークアーミーはただのハッカーグループで殺人グループではないと言い、彼女に1か月の休暇を取れと言う。(彼女だけ助かったのはホワイトローズと楽しい会話をしたからなのか。)

ダーリーンの元彼のライブラリーで働く男シスコは、流暢な中国語で雇主に探りを入れるも、お前はただ言われたことをやれば良いんだよ、とマスクを被った男二人に羽交い絞めにされ、指と詰めの間に注射をされ針を全部押し込まれ針を折られる。

アンジェラはハッキングの練習をしている。ダーリーンやモブリー達は上手くいくかどうかまだ不安だが、他に手はない。ダーリーンたちのアジトに現れたシスコに出くわしたアンジェラは一瞬動きが止まるも、人違いだったわ、とその場を流す。(シーズン1でウィルス感染のCDをアンジェラの彼氏に渡したのをシスコ本人は覚えていないのか?)

アンジェラはE-CorpのビルのFBIがいるフロアに機械を設置し、ダーリンは遠隔で上手くいくか試している。自分の席に戻り、さぁハッキングをするぞと言う時に、FBIのドミニクが話しかけにきた。

父と息子

そしてしばらくして病室から男達に引きずり降ろされ連れて行かれるエリオット。暴力執行人と男達は彼をレイの地下室へ放り投げて去る。まだまだ治療も必要な彼は怖さや痛みで震えている。そこへMR.ROBOTが歩いてくる。そして今まで一緒にいたのはお前を叱咤激励する為だったんだよ、というような事を言い、エリオットはかろうじて立ち上がり、”ありがとう” と涙を流しMR.ROBOTにハグをする。

フラッシュバック

そしてまだ小学生のエリオットは顔にあざを作り父の運転する車の助手席に座っている。父は学校でいざこざを起こしたエリオットの気持ちを理解できると話し、そして仕事を解雇され病気であると息子に話す。心配する息子に父は言う、俺はお前のそばから絶対に離れないんだよ、と。そしてこれは妻にもダーリーンにも言っていない、2人だけの話にしようと言う。

そしてコンピューターショップをオープンさせるんだ、と話し、エリオットに店の名前を付けてよいと言う。息子は嬉しそうにして、店の前まで来て車を止める。鍵はまだないから外観だけで、一番先に思いついたものが店の名前だよ、と。エリオットは目を閉じ考え、目が開いたところで終わり。

感想

いやぁ、クリスチャン・スレーターの演技、ナイス!TVドラマだけでなく映画でもまた完全復帰して欲しい。府r主バックで俺はお前のそばにるんだよ、と言った父のシーン。これで、あぁだからエリオットがMR.ROBOTを作り出してしまったんだね、と思って泣けました。父が恋しかった息子、まだまだ解明されていない事たくさんあるけど、このエピソードは良かったです。そしてこれからムカツク男、レイと彼の一味をこてんぱに復讐して欲しい。

第1話第2話第3話第4話第5話第6話第7話

Photo©usa


 - Mr.Robotシーズン2