We Love Drama ♡

最新海外ドラマと映画とトム・ハーディーと

The Pathあらすじ・ネタバレ第9話

   

A Room of One’s Own

ペルーのクスコ

カルはチューブにつながれている寝た切りDr.スティーブに会いに来ている。泣きながら自分事がダメならそう言ってくれ、でもあなたは死ぬべきだと話している。

サラはアリソンとバーでアリソンに会っている。この3か月の間にどうして22回も連絡を取り合っていたのか?と聞くも、彼女はそれはあなたのビジネスじゃないと答えない。(細かいよ)

サラはアリソンの夫が日記を置いていったと言い、それは今サラが持っている。どうして警察は持っていかなかったのか?と聞くと、中身を見ればわかると思うわ、と話す。

アリソンはあなたの夫のエディはメイヤリズムに疑惑をもっているのよ、と打ち明ける。彼は全て嘘っぱちだと思っていると教え、あなたの夫はまだ生きているんだよ、と目を覚ませと声を荒げる。サラは日記を彼女に渡し去る。

エディとホークは何かを見つけるために出た10日間のウォーキングが終わり帰ってくる。メイヤリズムの皆は2人を快く迎え入れ、サラはすぐさまエディにハグをするが、彼女は耳元で ”アリソンの事を知っているのよ” と囁く。(サラ怖すぎ・嫉妬深すぎ・回り見えなすぎ!)

サラはミランダの時にも何かおかしいと思っていたのよ、真実を言ってよと言うが、エディは俺が真実を言っても君は俺を独房へ入れるだけじゃないか、と返し、俺は俺のままだ、愛しているんだよ、と言うもサラはもう浮気をしたとしか思っていないので、エディの話を聞かない。

メアリーはショーンに打ち明けてとうとう薬を捨てる。

ゲインズはレストランの件を上司に謝り、もう一度メイヤリズムの調査をさせてくれとお願いする。上司はゲインズの娘の手術があるから君はしばらく休暇を取れと言い、ゲインズは彼らは無実な医者(アリソンの夫)を殺し、今の新しいリーダーはカリスマがあってこのまま1か月も放っておくと酷い事になるぞと忠告する。

サラはカルのキャビンを訪れ、エディがミランダと浮気したことをどうして言わなかったと責める。うだうだ言い訳をし、話題を変えカールはスティーブがメイヤリズムの梯子の本の3番目を書き終えたと言い、(教祖のDr.スティーブが死にそうなことは誰も知らず、カルは彼の代弁者である)嬉しそうに彼はここに来るの?と聞くサラにわからないとわなわなしながら答える。

ホークは学校でアシュリーに再開し、2人はキスをする。誰もいない教室で彼女は今は母の車の中で生活していると打ち明ける。俺が助けてやると言い、メイヤリズムを去ると言う。

エディは皆の前でウォーキングが終わったスピーチをする。彼は光が見えなかったなどとは言わず、自分には家族が一番大切だと気づいたとだけ話す。

その夜、ソファで寝るエディ。眠れなサラは飲み物を取りに下へ来て落としたグラスで手を切る。2人はそのままキッチンでセックスに突入。

Day2

メアリーとショーンの仲を気に食わない彼女ベッツィーはショーンをにらみ続けて、ショーンは彼女にいちゃもんを付けるが、彼女はメアリーは私を犯したのよ、彼女はただのジャンキーよ、と。それを聞いたメアリーは彼女に水を吹っ掛け喧嘩となる。

エディはゲインズと電話で会話をし、彼はこれから娘の手術なんだと、お前たちのメイヤリズムは俺の娘のことを助けるなんてできないんだよ、メイヤリズムなんて嘘っぱちなんだよ、もう電話してくるなと怒りをぶつけると、エディは彼を理解し、”光”のことなんて忘れろ、光なんて糞食らえだよ、娘が助かることだけ諦めるなと励ます。ゲインズは信者のエディがメイヤリズムの事を信じていないことを驚く。

メアリー、ショーン、彼女の3人はカルの部屋で呼び出され若者を牧師のように優しく説教だ。

メイヤリズム以外は敵なのか

サラ達は子供たちと食事中花絵離れになってる間何が淋しかったかと話をしている。息子に質問すると、彼はメイヤリズムを止めることを言えずに快適なベッドと答える。そこで妹がでもその間カールおじさんがベッドを温めてたよと、と言う。エディはなんだって?となり、娘はすごく具合が悪かったんだよと付け加える。

エディは、話は分かったが、カルはお前の叔父ではなく家族じゃないんだよ、と教え、サラは話を止めようとするが、エディはここははっきりしておきたいと返し、娘にお前の家族はここだと教える。

そしてその隙にホークは俺はメイヤリズムを出ていくと言ってしまい、メイヤリズムの誓いは取らず、高校に残ると言う。サラは顔色を変え、怖い顔であなたはもう妹にも家族にも二度と会えないのよ、と半分脅す。ホークは父さんは大丈夫だと言ったと母に言うが、あなたの父は嘘ついたのよ、とサラは怖い顔だ。(超怖い)

夜中、凍っている湖の上を歩き、アリソンは夫の日記を一枚一枚破り捨てている。泣きながらポケットに石を入れ自殺をしようとしているのだ。

Day3

翌朝、ホークは荷物をまとめ出ていくと言う。エディはホームレスになるぞと止めるが、サラは彼を行かせてと息子を家から出す。エディはこんなのおかしいよ、彼はまだ子供だぞ(15歳)と言うも、サラは顔を凍らせたままエディの浮気疑惑を心底疑っており、冷酷だ。

エディはサラの両親の家を訪れるが、がちがちの信者な2人はエディをプログラムに入れないとなどと話す。プログラムなんかやらないと言うエディに、もう義理の息子ではないと突き放す。

夜、カルのキャビンを訪れたサラ。2人はキスをするが、彼女は泣き始め、ホークが出ていちゃうの、助けてとお願いする。それだけ言ってキャビンを出る。

Day4

翌朝、カルはアシュリーの前まで車で行き、少し話せるかな?と言い、車である空っぽの家に連れて行く。彼はホークは君に出会って君を好きになって、これからそのせいですべてを失おうとしていると。メイヤリズムの中で産まれ育った彼は信仰だけでなく、両親も妹も祖父母も従姉も全て失うんだぞ、とホームレスの彼女一家ににの家を貸してあげる代わりに、ホークに別れを告げるよう言う。

カルはスティーブが本を書き終えここに来ると皆に話している。

ゲインズのところへFBIの同僚がジェイソン・ケンプのファイルを持ってきてくれた。もうケースを降りたと言うが、彼はファイルを読み始めたゲインズは驚いている。

ホークが家に戻ってきた。どうしたんだ?と心配する父にアシュリーに別れを告げられたと泣く。彼女はホークの人生を変えるのには責任が重すぎて、メイヤリズムが・・・と言ったと話すと、エディはそれがカールの仕業だとわかり車を施設に走らせる。

皆の前で、サラに ”カルに別れさろと言ったのか?”と聞き、”お前は息子の心を壊したんだぞ” と怒りカールを殴る。

結局自殺をしなかったアリソンはメイヤリズムの施設へたどり着き、中へ入っていく。

■ エディが一番まとも。サラ・・・。

登場人物・概要第1話第1話~3話ネタバレまとめ第4話第5話第6話第7話第8話第10話

Photo©Hulu


 - The Path