We Love Drama ♡

最新海外ドラマと映画とトム・ハーディーと

ゲームオブスローンズシーズン1死者まとめ

   

シーズン1の死者は何人だ

シーズン6に比べたら少ない少ない。どのシーズンが一番多かったのか。

ギャレッド&ウェイマー・ロイス:ナイツウォッチのレンジャーとして壁の向こうへ偵察に行ったが、第1話でホワイトウォーカーにより殺される。

ウィル:上記の2人と共に偵察に行ったが、多数の惨殺死体を見つける。そして、2人は殺され、一人ウィンターフェルヘ逃げてくる。冥夜の守りの誓いを破ったとして、第1話でエダードの手により処刑。

ジョン・アリン:キャトリン・スタークの妹、ライサの夫でロバート・バラシオンとエダードの父親代わりでもあったロバート王の王の手。長年王の手として仕えてきたが、ジェイミーとサーセイの近親相姦の真相を探り始め、サーセイ&ジェイミー画策され、何者かに毒を盛られ死亡。

マイカ:アリアの遊び友達で、スターク家が王都へ来た際に一緒に来た。しかし、ジョフリーが来てマイカをいじめ、その後アリアに馬鹿にされ剣でつつかれた彼は、第2話でハウンドに命令しマイカを殺す。

レディ:サンサの大狼で、マイカ、アリアをいじめたジョフリーにほんの少し噛みついたアリアの大狼のサマーの替わりに、見せしめとして処刑するように命じられる。エダードは狼は北の動物だからと、ラニスターサイドに処刑させず、第2話で、苦悩しながらも自らレディを短剣で殺す。

ヒュー:元王の手のジョン・アリンの元従者で、その後なぜか騎士に昇格。(ラニスターから金と昇格を言われ、ジョンに毒を盛ったと推測)ロバートの大好きな槍試合の騎士に選出されるも、第4話グレガー・クレゲインに負け死亡。エダードがジョンの死の真相を聞こうとしていた。

ジョリー・カッセル:スターク家にウィンターフェルで盾として仕えた男。エダードに最も信頼され、王の手として王都へ行くと時も同行し彼をサポート。しかし、キャトリン・スタークがティリンを捕虜に取り、ラニスター軍に反乱され第5話で、ジェイミーに槍で頭を突かれ死亡。キャトリンと同行しているロドリックは叔父である。

ヴィセーリス・ターガリエン:狂王エイリス2世の息子で、デナーリスの兄。元は王族だったのに、バラシオンの反乱で軍も何もかも失い、カール・ドロゴと妹を結婚させ、ドスラクの部族を使い、王都を襲うブランをたてるも、戦えるわけでもなし、頭がキレるわけでもなし、他力本願な欲深い男。妹が男や馬に犯されようとも王都へ帰ると言い、ドロゴには敬意を示さず、第6話で、結局は妹にも愛想をつかされ金のドロドロを頭から被させられて死亡。

ロバート・バラシオン:シーズンの始まりから七王国の王であった。サーセイ・ラニスターと政略結婚するも、愛していたのはエダードの妹のリアナ・スタークだけだ。サーセイとの間に3人の子供をもうけるが、彼らがジェイミーの子供だとは知らぬまま死亡。実子の他に、ジェンドリーなどの落とし子多数。妻のサーセイの策略により第7話で従者のランセル・ラニスターに狩りの途中にワインをたくさん飲まされ、猪に襲われ城へ戻るも結局死亡。

エダード・スターク:スターク家の当主。妻はキャトリンで子供息子3人と娘2人、落とし子のジョン・スノウがいる。王の手のジョン・アリンが死に、ロバートに頼まれ新しく王の手となる。父親替わりだったジョン・アリンの死の真相を探してるうちに、サーセイとジェイミーの真相を知ってしまい、サーセイに逃げるよう猶予を与えるも、結局は第9話で、新しく王座についたジョフリーに娘の前で処刑された。

カール・ドロゴ:エソッスの馬に乗る部族、ドスラクの王。100戦無敗の戦いの王者で、デナーリスと結婚する。言葉と文化の違いから初めはただの政略結婚のようだったが、お互い次第に愛し合うようになり、デナーリスは彼の子供を宿す。しかし、彼女が奴隷を奪ったことを気に食わなかった男と戦い、その際に胸に傷を受けそれが化膿し瀕死となる。妖女に血の儀式をさせ、結局は魂がなくなってしまい、第10話で、デナーリスに息を止められ火葬される。

第1話第2話第3話第4話第5話第6話第7話第8話第9話第10話シーズン2第1話

Photo©HBO


 - ゲームオブスローンズ劇場シーズン1