We Love Drama ♡

最新海外ドラマと映画とトム・ハーディーと

Westworld ネタバレ・驚愕の第7話

   

エピソード7あらすじネタバレ

Trompe L’Oeil

今回のエンディングは見逃せません。

バーナードはまた息子の夢を見ている。そこは恐らく息子が入院している病院で、本を読んでいる間に寝てしまったらしい。目が覚め、また本を息子の為に読んであげるバーナード。しかし、息子の意識は薄くなり、息子の名前を呼んだところで目が覚める。

 

前回から出てきたこの女、シャーロットの目的はDr.ロバートをリタイヤさせることだ。彼女はホストのヘクターと激しいセックスをしているところ、テレサを呼ぶ。ホストを止め、テレサとDr.ロバートを首にするのではなく、リタイヤさせるのだ、と。主導権はどう見てもこのシャーロットだ。

エルシーはあれから見つからず、バーナードが携帯へかけるもつながらず、コンピューターで居場所を探しても見つからない。

シャーロットはDr.ロバートを始め一同を集め、テレサと一緒にプレゼンテーションをする。それは、娼婦のホストのクレメンタインに暴力を振るわせる。彼女はボコボコにやられ涙を流す。一度記憶を消し、またもう一度同じ男が暴力を振るおうとすると、なんと今度はクレメンタインがその男に反撃を始め、遂には頭をガラスに何度も強打させ殺してしまう。

シャーロットはDr.ロバートにあなたの作ったホストたちは、過去の恨みを引きずりそしてその感情を持ち合わせ行動すると証明。そして反論したバーナードを彼女は即解雇するのだった。(このプレゼンテーションはシャーロットの自作自演なのかもしれない?)

Dr.ロバートは表情を変えない。

バーナードは、テレサに見せたいものがあると、エレベーターで地下深くのセクター17へ行き、あの第1期ホスト一家が住んでいる家へ連れて行く。しかしそこには家族4人はいなかった。

バーナードはもうDr.ロバートがどこかへ移したのかもと疑い、そしてテレサはドアを見つけ、二人はその中へ入っていくと、そこには階段が有り、奥には部屋がある。彼女はデスクの上にドローレスの人体モデル図形を発見し、そしてバーナードの顔が描かれている人体モデル図形の紙も見つける。

彼女はそれをバーナードに見せ、驚いている二人のところへDr.ロバートが来るのだ。

バーナードは僕には妻がいて、息子がいて、自分は父親でと話し始めると、Dr.ロバートはそう感情的になるな、バーナードと言うと、彼の動きが止まった。そう、彼はホストなのだ。

テレサは、この怪物め、とDr.ロバートを罵るも、彼はバーナードが君をここへ連れてきたのも、自分がそう命令したからだ、と教える。そして彼は続け、血の犠牲が必要だなどといい、動き出したベナードはジャケットを脱ぎ、ネクタイを外し始める。

テレサは殺されるとわかり、後ずさりをし、Dr.ロバートは彼女に言う。”この自分がすべてを創ったんだよ、”と強調しそこを去る。そしてバーナードはテレサの頭を壁に打ち付けて殺す。

 

いい感じのドローレスとウィリアム。列車の中で、彼は待っている婚約者(ローガンの妹)がいる事を話し、彼女は落ち込み席を外す。しかし、彼は追いかけ、もう感情を押し殺して生きるのは止めると言い、ドローレスと2人は結ばれる。(テディはどうで良いのか?)

列車は襲われ、逃げる。中略~

覚醒したメイヴは、他全てのホストが止められても、止まらない。止まっているふりをしてその場を逃れ、エンディングでリペアの途中、あの担当作業員に私を地上に連れていかないのなら殺すわよ、と脅す。

 

■ホストの不具合も実はDr.ロバートはすべて知ってるんじゃないかと思いはじめました。なぜなら、テレサに僕が ”全て” を創ったんだよ、と念を押したので、実はすべて計算済なんではないかと。あの生意気小娘シャーロットに負けてはいられない。

■ベナードがホストということを、勘が良い人はわかってたんじゃないかと今はは思う。なぜなら彼も、ドローレスやメイヴと同じように夢を繰り返し見ており、バーナードは常に息子を失った事を引きずり生活していた。それはすべてDr.ロバートがアップデートしたもの。
第8話

Photo©HBO


 - WestWorld