We Love Drama ♡

最新海外ドラマ&ときどき映画

宿命の大統領:サバイバーネタバレ第7~9話

   

Designated Survivor

宿命の大統領ネタバレ・エピソード7~9

ジャック・バウアーではない。ジャック・バウアーが出てこない。

ためてためて3話を一気見したけれど、始めに多いに期待していた、キーファー・サザーランド=トム・カークマン=ジャック・バウアーな感じは大分なくってきてしまい、もう24のジャックを期待はしていない。

ハウス・オブ・カードのように、凄いはまる政治ドラマってわけでもなく、24でもなく、ホームランドでもなく、これはこれでDesignated Survivorというなんかゆるいアメリカ危機ドラマな感じ。

おおまかなあらすじネタバレ

第7話:The Traitor

トムの息子の父親が誰なのかのエピソード

ナザールが刑務所で殺され、FBIのジェイソンとハンナは誰がやったかを突き止めようとする。トム・カークマン大統領もとにかく誰がどうやって殺したのか返事を待っている。報告へ来たジェイソンだが、同室にマクリーシュがいたので確信を話せず、大統領は答えが聞けずじれったい。

国会議事堂テロの唯一の生き残り、マクリーシュがジェイソンのオフィスへ訪れ、自ら自分の過去の税の書類やらを提出し、自分は”シロ”だよというメッセージを送る。

が、ハンナは自ら提出するという事は、やはり彼が何らか関わっているからだと読む。そして、ジェイソンの元へ小学生の息子が家へ帰ってこないという妻からの電話が。学校へ急いでいくも、見つからずに彼は自分の車で思いつくところを探す。

すると、一人の女がやって来て、ジェイソンの息子を誘拐し息子の写真を見せる。ジェイソンは拳銃を向けるが、今私を殺せば息子の命はないと脅迫され、彼は一つの携帯を渡され言われたように行動しろと言われる。

第8話:The Results

トムと息子のエピソード
スパイエピソード

ハンナは誰がナザールを殺したかを昔の仲間の協力で突き止める。アメリカの軍人で刑務所にいた男だった。子の男がナザールに毒を盛ったのだ。

ハンナに息子は見つかったのかと聞かれ、あぁただ友達の家にいたよと嘘をつくジェイソン。ハンナは何かおかしいと思いながらも、彼はかかって来た電話に出たいから彼女を退出させる。息子の写真を見て涙を流すジェイソン。渡された携帯にかかってきて、ジェイソンは外出。それをハンナは尾行する。

女はジェイソンに、大統領と面会し、この紙に書いてある通りに話せと要求し、さもないと息子は死ぬし、自国すれば息子は家へ帰れると言う。それを遠くで見ていたハンナはカメラで撮り、ハンナがそこにいるのを、あのナザールを殺した男が望遠鏡で見ていた。

そして、大統領と面会したジェイソンは、アメリカの為に自分がナザールを殺したと言い、トムにボタンを押すように言い、自ら膝をつき、両手を頭にのせ、シークレットサービスが彼を取り押さえ、連行する。トムは彼がやったようには思えない。

第9話:The Blueprint

上院議員とエミリーのエピソード
トムの息子、レオの本当の父親のDNA結果

ハンナはジェイソンが自ら罪を名乗り出たので、彼女はテック担当の男と一緒にマクリーシュの裏やナザールを殺した男の接点などを突き止めていくと、マクリーシュとその男は同じ軍隊で一緒に戦地にいた仲であり、マクリーシュは戦争犯罪者であったことがわかる。

しかし、一方国会側、ホワイトハウス側ではマクリーシュを副大統領にとの審議が始まっており、彼が副大統領になるのは時間の問題とい状況だ。ハンナは女性の議員のキンブルにとにかくその審議の時間稼ぎをしてくれと電話をする。

そして、トムは何年も前に制作された国会議事堂の爆弾シュミレーションのファイルを手に入れる。やっと彼は自分たちの中に裏切者がいるという事に気づく。

そしてハンナは急いで車を走らせている途中一台の車に追突されてしまう。

■あと年内1話あるので、マクリーシュが副大統領になってしまい終わるのか、それともハンナの報告がどうにか間に合ってマクリーシュ逮捕とかなるのか。

■ジェイソンの息子はどうなったのか。息子のためといえど・・。良い人なのでこのまま罪人扱いだけは。

■もうこのドラマの主役はハンナ達じゃないかと。

第1話第2話第3話第4話第5話第7~9話第10話

Photo©abc


 - 宿命の大統領:サバイバー

error: Content is protected !!