We Love Drama ♡

最新海外ドラマと映画とトム・ハーディーと

ホームランドシーズン6ネタバレあらすじ・エピソード1

   

ホームランドシーズン6エピソード1/Fair Game

プレミアは1月15日ですが、ShowtimeのオンデマンドAppでエピソード1がお正月にリリースされているホームランドシーズン6。今シーズン全12話。新キャラも多く、クインの状態も気になるところですが、キャリーとの関係や、シーズン5のエンディングでキャリーに想いを寄せていると告白した富豪との関係も気になります。

あらすじネタバレ

バスで移動中のキャリー。ビルに入りセキュリティを通りある建物へ。

そこはクインがいるリハビリの病院だ。リハビリが上手くいかない様子で、キャリーはおせっかいなのかあれこれ言うが、彼はほっといてくれと当たり散らす。看護師は、あなたが毎日来るから少し距離が必要なのかもとアドバイスするが、キャリーはでも彼は私の友人なのよ、と納得がいかない様子だ。

ダール・アダールとソールは、次期大統領のキーンと面会している。

ある黒人の家族。母と息子と学生の娘。息子のセクは出かけ、仲間の車に乗りあるホテルの前に行きビデオを撮る。彼はイスラム教徒で、アメリカ人がイスラム教徒を弾圧したロケーションに行き、ホームランドランドセキュリティの批判をしながらブログにアップしているのだ。

キャリーはタクシーを降り、オフィスへ出勤。ミーティング中に、オットーがいる。驚くキャリーだが感じよく挨拶をし、話があると切り出す。

彼はキャリーに返事を聞くが、彼女の答えはNO.だ。しかしどうやら交際の話ではなく、今の彼女が今やっている事に対してでキャリーは3か月もこうしており、オットーは君はもっとわかってるはずだという旨を伝えるが、キャリーの返事は変わらないようだ。彼女はアメリカに住むイスラム教徒の養護活動をしているのだ。

一応君に言っておくべきだとオットーは既に誰かと会ってると言い、そんなのどうでも良いわよ的な態度のキャリーに、フラニーへのプレゼントを渡す。彼女に会えなくて淋しいよ、と言い、フラニーも同じよと返すが、あなたはもう行ってと彼を帰す。

クインは病室のベッドに座り、落ち着かない様子だ。フィジカルセラピストが一人、裏口からクインを連れだす手助けをする。クインは足を引きずりながら歩いている。外には車が1台止まっており、顔見知りのブロンドの頭が悪そうな女が運転席がおり、仲がよさそうな2人はどこかへ出かけた。

セクは友人とNYの町を歩いきながらまたビデオを。

クインはお金を降ろし、車を運転しある建物へ。そこはアパートなのか皆ドラッグをやっている。クインも金を払い、薬をもらい吸い、ブロウジョブをしてもらっている。

ダールとソールはキーンについては話しているが、どうやらダールは彼女が大統領になるのを懸念している様子だ。

自宅へ帰ったキャリー。娘がいなくて一瞬焦るが、中庭に彼女とベビーシッターを見つけ安堵の表情を見せる。

セクは友人に車で送ってもらう。

クインは自分の好きな曲をかけラリっていると、連れて来た女の仲間の男が拳銃を向け、金を出せと脅す。ラリってるクインはなかなかお金を出せず、頭を殴られ床に倒れ意識を失ってしまう。

セクの母と妹が家にいると、武装したFBIが家へ押し入ってきた。息子セクは取り押さえられ連行され、彼は母と妹に何も話すなと伝える。家族は何がなんだかわからない様子だ。

FBIのスペシャルエージェントのレイはセクはテロに関与しているかもしれない容疑で逮捕したと伝えるが、母も妹も彼はテロリストなんかじゃないと反論する。

キャリーは留置所へ訪れ、セクに面会する。彼は仕事を失うわけにはいかないから家へ帰りたいと言うが、まだまだ帰れそうにない。彼は自分は暴力的な人間じゃないし、何もやっていないと言うが、彼がネットにアップしていたアメリア批判のビデオが原因で疑われていると。

キャリーはFBIのレイと話し、セクはただ怒りの感情を伝えようとしている青年だと言うも、彼は反対意見だ。

キャリーはクインの病院へ行き、彼がいなくなったと知り病院へ怒りをぶちまけるが、ここは刑務所じゃないと言われる。クインの脱走を手助けしたセラピストに聞いたのか、彼女はすぐにあのドラッグアパートメントへ行き、ベッドに寝ているクインを見つける。

病院へ帰るわよ、と言うキャリーに俺は戻らないと言うが、彼の話し言葉はもごもごしており、脚と手も後遺症がかなり残っている感じだ。

結局キャリーが車で病院へ連れ戻す。しかし受付で待っている間、視界が揺らぎ幻覚のようなものが見え、病院を出ようとする。キャリーはそれはできないと止めようし、警備の男達がクインを取り押さえる。痛がる唸るクインを見て、警備員を止めさせ、彼を自分の自宅へ連れて行く。

彼は家賃を払うと言い、そんなの良いと言う彼女に、自分は家賃を払えると言うクイン。目を丸くし、OKと答え、上は私とフラニーが住んでいるから昨日のようなドラッグをやったりする振る舞いはしないように、と忠告するキャリー。

わかったと言いながらも、何もない天井を見つめ動いていると言うクイン。キャリーは新しい投薬とセラピーが必要ね、と。

夜、クインは2階へ行くがドアには鍵がかかっている。フラニーは寝ており、キャリーはドアの音に気付く。クインはドラッグをやりに外へ行ったのかそれともキャリーに会いに行こうとしたのか。

■クインの言動が痛い。
■これからクインのストーリーと、次期大統領キーンのストーリーと、青年セクのストーリーが絡み合うのだろうか。そしてキャリーはどうやって動くんだろう。
■クインの様子に夢中でダールアダールたちの行動は結構飛ばしてます

第2話第3話第4話第5話第6話第7話第8話
Photo©showtime


 - Homelandシーズン6