We Love Drama ♡

最新海外ドラマ&ときどき映画

ジュード・ロウ主演のThe Young Popeが面白い!!

   

The Young Pope

邦題:ピウス13世 美しき異端児
■4/22(土)、29(土・祝)午後1:00~(全10話)WOWOWで放送開始。

家族に録っておいてもらった、ジュード・ロウが主演を演じるドラマ、The Young Popeシーズン1全10話。
第1話を見て、面白く、1日2.5話ずつ見て5話まで一気見。これは面白いです。

The Young Pope概要

舞台はバチカン。ジュード・ロウ演じるのは、今までにない若さでローマ法王になったアメリカ人のピウス13世。(英語ではパイウスと発音/Pius)

物語の始まりは、彼がコンクラーベで法王に選ばれ、周りの人々を驚かせる人物設定であり、ネタバレと記載していないから詳しく書けないけれど、煙草を吸いまくり、頭がキレ、ミステリアスで、あの容姿であの年齢、の法王。

何が面白いって、

ピウス13世がハウス・オブ・カードのフランク・アンダーウッドっぽい感じがある事。
ジュード・ロウがはまり役な事。
ちゃんと、イタリア語の会話はイタリア語な事。(高い城の男とは違うぜ)
バチカンが舞台なので、背景をみるだけでウキウキする事。
カメラの撮り方が(アングル?)良い事。
そして、コメディではないけど、笑えるところが結構多いこと、

残り5話あるけれど、今週末には見終わりたいくらいはまってます。日本で放送されたら是非おすすめな新作海外ドラマ。第5話の時点で宗教のタブーとかまでは触れていないし、大体クリスチャンではない日本での放送は何の問題もないはず。アメリカに先駆け、イタリア、ヨーロッパでは去年に放送済の作品。

クリスチャンが大勢を占める国々でのこのドラマへの批評は多かったそうですが、今週末米国でもHBOで放送予定なので、これからの米国人の批評に興味あり。

私は無宗教で神など一切信じていない人間なのですが、(イギリス人の夫も夫の家族も無宗教)
私は子供の頃から世界遺産が大好きで、新婚旅行でエジプトのピラミッドが物凄く見たくて、計画をしていたのだけど、ちょうどアラブの春が始まった時期になり、ローマへ変更したんです。

バチカンも2回訪れ、バチカン美術館も、教会の中も、システィーナチャペルも見学したのですが、豪華なわけです。本当に物凄い、豪華なわけです。

で、一番に感じたのはこいつら悪い奴らか?と。なぜかと言うと、子供の頃から大ーきな豪邸に住んでるやつは、きっとなにかしら悪いことをしているに違いないと、冗談交じりで父が良く言っていたんですよね。例えば、車でどこか大きな家の横を通ると、父曰く、こいつは悪い奴だぁなぁみたいな。(ただの地主だよって)

で、話は戻りますが、カトリックって今では世界中に広まり、本当に物凄く多くの人々が信仰している宗教なわけです。でも、何百年も前には何度も何度も、カトリック教徒意外の迫害や、魔女狩りなどもそうだし、映画のアレクサンドリアにしろ、ナタリー・ポートマンのGoya’s Ghostsにしろ、カトリックを信じないものへの考えられないような酷い行いがあったにも関わらず、あの豪華さ。

なんで?どうして?どこからお金が?そう、寄付ですよね。寄付。日本の主教団体も寄付金でやっていっていると思うし、システムは同じだと思うのだけど、多くの信者がいるから多額の寄付金が集まるのはわかるのだけど、なんであんなに豪華にしなくてはいけないのかと。

こんな衣装も、もう見ていて笑っちゃうくらい神を信じてないんだけれど、もうカトリックは茶番なんじゃないかと。豪華にして人の目をくらませているんじゃないかとさえ思う。美術品や建物の全てはそれはそれでホントに素晴らしく、見ておいて文句ばっかり言ってるけど。

私の生涯の謎解きになりうりそうな題材、なんで神を信じられるのか?と。他の宗教もそうなんですが、イスラムにしろヒンドゥー教にしろ、私には神をあがめることが日常の中にあり、祈り、身を捧げる人々が不思議でしょうがないので、なおさらこのThe Young Popeが面白く感じるのだと思います。

めちゃくちゃ脱線した感があるけれど、ジュード・ロウのファンはもちろん、遺跡、ローマ、バチカン、陰謀説などが好きな人は好きだと思います。是非おすすめ。

 - The Young Popeピウス13世, ■新作海外ドラマ

error: Content is protected !!