We Love Drama ♡

最新海外ドラマ&ときどき映画

トム・ハーディー新作ドラマTaboo第1話ネタバレ感想

   

Tom Hardy Taboo

遂に来ました、トム・ハーディーの新作海外ドラマ、Taboo.ミニシリーズで全8話。制作はトム・ハーディーと彼の父、そして原作者であるスティーヴン・ナイツ。

第1話あらすじ

1814年イギリス。
ジェームズ・デラニーの父が死に、父の所有する土地の権利をもらうため為戻ってきた。彼は10年前にこの地を去り、アフリカへ行ったきり、船の上で死んだとされていたのである。

教会を訪れ、皆驚くが、そこにいた一人の女性は彼が帰ったことに一番驚愕している様子だ。彼女はジェームズの義理の妹ジルファだ。父の後妻との娘でジェームズとは半分血がつながっており、敬虔なクリスチャンだ。

彼女は結婚をしており、夫は彼が帰ってきたことを快く思っていない。彼女は内緒でジェームズに手紙を書く。今すぐここを去ってと。

父の所有している土地を、イーストインディアカンパニーがものすごい額の金額で買い上げると申し出てきた。妹のジルファとその夫は承諾したが、ジェームズは拒否をした。ここの土地は、アメリカと紛争をしてるイギリスだが、終結すればものすごい有益な土地であった。

ジェームズはそのこともすべて承知で、拒否をし、イーストインディアカンパニーの頭を怒らせるのだった。

ジェームズはある少年を見に行く。10年間育ててもらっている。育ててくれた男に金を払い、しかしもう二度と会いには来ないとい言う。

そしてジェームズは父は毒殺されたと知る。

感想とネタバレ

もろトム・ハーディーでした。ピーキーブラインダーズより聞き取り安い英語で、でもあの独特のあぁ、と返事するような、声になってないような、相槌をうちようなところがもろトム・ハーディー。あれは他の俳優さんやらないなぁと。

最近見た、ジェイソン・モモア主演のFrontier感想と、なんか似たイメージのドラマかなと思っていたけれど、このTabooのほうが断然上。他共演者も、妹役にゲームオブスローンズのロブの妻役、チャップリンの孫娘、そしてイーストインディアカンパニーの頭取役にハイスパロウ。娼館を営む女にランローラランのフランカ・ポテンテ。

そしてこれから出てくる医師役にハウスオブカードのマイケル・ケリー。

第2話も期待したい。

そして、ジェームズが見に行った少年。第1話では全く明らかにされていないけれど、あれは、きっと半分妹のジルファとの子供だと思う。FB上でも、見た人はあれはきっと彼らの子供だ、と推測がとても多くて、ドラマタイトルがTabooなだけに、そしてジルファが敬虔なクリスチャンだけにありうる秘密かなと。

これ以外にも、ジェームズがアフリカにいた間の出来事などがフラシュバックで映されたりと、ちょっと暗い感じのドラマでした。父親の死の真相のときの解剖とか、汚いロンドンの街並みとか。

個人的には、アフリカでの10年間の間に何があったのかが気になります。

ネタバレ含む感想と相関図

Photo©bbcone

 - Taboo, ■新作海外ドラマ

error: Content is protected !!