We Love Drama ♡

最新海外ドラマの相関図あらすじネタバレ

サバイバー宿命の大統領ネタバレ第11話

   

サバイバー宿命の大統領

第11話あらすじネタバレ・Warrior

始まりました。キーファー・サザーランドのサバイバー宿命の大統領シーズン1後半。

11話のあらすじネタバレを簡潔に。

・撃たれたのはトム・カークマン大統領だった
・緊急手術で命に別状はなかったものの、2度目の手術の間、ピーター・マクリーシュが大統領代理になる

・手術の前、トムはキンバリーを呼び、ピーターを監視しておいてくれと頼む

・FBIのハンナは捕らえられるが、何も話す事はないと口を割らない
・シークレットサービスのマイクはトムに言われ、ハンナがピーターの何を知っているのか聞いて来いと彼女に会いに行くが、大統領以外には答えないと返す。しかし、襲うふりをしてマイクにヒントを教える

・ピーターはトムが死なかったことを不安がり、射撃者がピーターの事を話すかもと心配している
・しかし、大統領代理になた途端、ピーターは今までと違った感じでどんどん権力を行使し、射撃犯を処刑する命令を出し、皆が違うアドバイスをするも聞く耳を持たない

・エンディング、2度目の手術が上手くいったトムの病室へマイクがハンナを連れてくる。トムは、ピーターの事を話そうと、言いここで11話終了。

■ピーター・マクリーシュ夫妻は完璧黒。テロリスト。だけど、こいつらの上は誰かはまだわからない。
12~15話

Photo©abc

 - 宿命の大統領:サバイバー

error: Content is protected !!