We Love Drama ♡

最新海外ドラマ&ときどき映画

M・ナイト・シャマランの新作スプリット・ネタバレ含む感想

   

映画:Splitスプリット

M・ナイト・シャマランの新作

米国公開:2017年1月20日
日本公開:2017年5月12日

監督:M・ナイト・シャマラン

ネタバレ含む感想

さぁ、この映画、女子高生3人vs <23+1>人格の男との攻防!あなたはこの結末を予想できない!と謳っているのですが、私にはあれれ?と言う笑える感じで予想できませんでした。

出だしは誘拐から始まり、ジェームズ・マカヴォイ演じる多重人格者に興味が持てるのだけど、結局誘拐した3人のうち二人は明らかに無意味に脱がされ、そして全然セクシーでもなく、一つの映画で何人ものキャラを演じているのが、果たして上手いのか、たいして凄くないかもよくわからず・・・

エンディング

この映画のエンディングがある意味、ドキモを抜かれるというか、えっ、これ?という。結局23人の人格だったのが、24人目の人格が生まれ、それがステロイドも打ってないのに壁をも這い登れる、ムキムキ超人ハルクに変身し、3人のうち2人の女子高生を生贄として殺し、そしてセラピーの先生をも殺し、

でも、もう一人の女子高生(子供の頃から父親が亡くなってから叔父に引き取られ、虐待され続ていた)の体にあった傷を発見し、君は純粋だ、という事で、殺さずにどこかへ行ってしまう、という。女主人公、この虐待されていた女子校生は、最後警察の車から降りずにいたので、恐らくもう叔父のいる家なんかに帰るか、という感じでしょう。

でも、なんと、最後にブルース・ウィルス演じたアンブレイカブルのデイヴィド・ダンが出てくるんです。そして、この事件のニュースを見ている他の客が、あれ、あの似たような事件の名前なんだっけ?という質問に対して、ミスター・グラス(サミュエル・ジャクソン)とボソっと教えるんです。

このエンディングを見て、あぁこれ続くのかもね、と思ってしまいました。M・ナイト・シャマランのミスター・グラスとこのスプリットの最後の24人目の人格が悪者として、なんかシリーズものでも制作するのかしら。結果、トータルでホームページの文句は過大評価しすぎじゃないの?と言いたくなる。だって、23の人格とか言ってるけど、実際3,4人しかでてこないし、(残りは本人が録画しておいたビデオにてくるけど)。まぁ映画作ったら売らなきゃいけないから仕方ないけどね。

ほんのちょっとの出演でたんまりもらうブルース・ウィルスは、この30秒たらずのエンディングでいくらもらったのかが気になる。

その他のホラーサスペンス映画

ゲットアウトネタバレ相関図
A Cure for Wellnessネタバレ相関図
XX感想ネタバレ
Dont Knock Twice感想ネタバレ
The Autopsy of Jane Doeネタバレ感想
Before I Awake 感想ネタバレ
The VVitch ウィッチ感想
新作ホラードラマChannel Zeroシーズン1相関図

 - ■新作映画・感想など, ホラー&スリラー

error: Content is protected !!