We Love Drama ♡

最新海外ドラマ&ときどき映画

ビッグ・リトル・ライズ最終回ネタバレ相関図

   

ビッグ・リトル・ライズ最終回

HBO新作ドラマ、Big Little Lies/ビッグ・リトル・ライズが日本でも今月終わりからスターチャンネルで放送予定ですが、全7話のミニシリーズ、なかなか誰が殺されたのかが明らかにされなず、じれったい感じがしたこのドラマ。

※ネタバレを含む相関図を作ったのでアップします。

ニコール・キッドマン演じるセレステの夫、ペリーは彼女に暴力を振るっており、でもいつも人からは見えない個所などにあざができていたので、周りからは気付かれずにいました。彼は暴力を振るった翌日などには、謝罪のつもりでダイアモンドのネックレスなどをプレゼント。暴力夫だが、子供の事は愛しており、子供にわからないよう、子供の前ではいつも優しい父親だった。

セレステはセラピーを受けつつも、セラピストになかなか夫の家庭内暴力を認めない。でも尿道破裂したり、これはやばいと思い、ひっそりと子供2人と一緒に暮らせるアパートを探し始める。夫から逃げる為。

誰がアマベラを虐めていたか

そして、学校の中で一体誰がアマベラを虐めていたのか。オリエンテーションの日、彼女は転入してきたばかりのジギーを指さす。しかし、それはもちろん嘘で、ジギーは遂に母に教える。

それは、セレステとペリーの双子の息子のうちの一人、マックスだった。家の中で、子供にわからにようにセレステを(母親を)虐めてた父親をきっと知っていたのか、子供達は時折、母がバスルームから出てこない場面に出くわしていたし、ゲームの音量で聞こえなかったかもしれないけれど、後ろでは母の泣く声や呻く声が聞こえていたはず。

そして、マックスはネイサンの娘のスカイも階段から落としたりするなどしていたのだ。

ジギーの父親

そして、第7話のエピソード。男はエルビス・プレスリー、女はティファニーで朝食をのオードリー・ヘップバーンの仮装をしてパーティー。セレステはペリーから逃げる為、外へ出る。そしてマデリンとジェーン。そしてアマベラの母親のレナタも。

階段上でセレステは自分の息子のマックスが虐めていたと謝る。それを見つけたペリーはセレステの方へやって来た。ジェーンはマデリンの腕を掴む。(ジェーンはマデリンだけに昔の出来事を話していた)そう、ジェーンをレイプしたのはペリーであり、ジギーの遺伝的父親はペリーだったのだ。

そして彼は女性たちの前でセレステに殴りかかり、蹴り始める。女性たちでは止められず、しかしその時それを見つけたボニーが走ってきてペリーを階段うえから突き落とす。死んだのはペリーだった。(原作ではボニーは父親に虐待をうけていたらしい)

女性たち5人は証言をするが、嘘の証言だ。警察側は嘘だと疑ってるが、誰も刑務所には行かない。

■まぁこんな感じで、第7話がてんこ盛りなエピソードでした。なんかシーズン2あっても悪くないけど、結局それぞれのキャラの秘密がキーだったので、秘密が判明しちゃったからやっぱり続きはないかな。若干綺麗にまとめ過ぎている気もしたし、だってこんな複雑な関係のママ友たちなんて一緒にいられないだろうし、元夫の
新しい子供と自分の子供が同級生とかさ。

一番同情したのはやっぱりジェーンとジギー。自分の子どもは絶対に他の子を虐めていない、と信じていても、でも、実は・・?とか少し疑ってしまう心境。母親から嫌味を言われる心境。痛い。

■マデリンの過去の不倫や心境などもストーリーの半分でしたが、共感できず。


Photo©HBO

 - Big Little Lies, ■いろいろ相関図

error: Content is protected !!