We Love Drama ♡

最新海外ドラマ&ときどき映画

女王ヴィクトリア愛に生きる・あらすじネタバレ第1話

   

Victoria/女王ヴィクトリア

おおまかなあらすじとネタバレを。

第1話・Doll 123

1837年、叔父キングウィリアムが亡くなり18歳のアレクサンドリナ・ヴィクトリアはイギリスの女王へ。愛犬の名はダッシュだ。

首相のメルバーン子爵がケンジントン宮殿へ女王になったヴィクトリアに挨拶へ来る。が、ヴィクトリアの母ケント公妃とその側近のサー・ジョン・コンロイは自分が彼女の個人相談役に適していると言う。

ヴィクトリアの母も、娘にコンロイを個人秘書として務めさせようとするが、彼女は嫌がる。ヴィクトリアも自信でメルバーンに個人秘書は自分で決めると伝える。

しかし、女王となった彼女に仕える多くの協議会の人間が挨拶に来るが、彼女は誰が誰なのか名前もわからず皆の前で固まってしまう。それをメルバーンは後ろでそっとヴィクトリアに名前を教える。

スケレットは女王に仕える衣装担当侍女としてやって来る。が、他の侍者たちはなかなか冷たい。

コンロイと母はヴィクトリアにあれやこれやと決めないといけないことがあると部屋へやって来るが、ビクトリアは自分にはあなたのアシスタントはいらないと言う。

コンロイは、サポートなしでやっていけると思うのか、と偉そうで威圧的だ。母も同じ態度だが、

ヴィクトリアは強い姿勢で2人にアドバイスが欲しい時は自分で頼むと伝える。

驚く母とコンロイ。部屋を去った彼の後、母はヴィクトリアに、彼はあなたの友人よ、と懇願するように言うが、彼はあなたの友人であって私のではないとはっきりさせる。

自分の家から宮殿へ

メルバーンと一緒にバッキンガム宮殿へ。ヴィクトリアは、自分の母とコンロイは自分がまだ子供だから女王としての器がないと思っていると、と彼に話す。

侍女のレーチェンはヴィクトリアの隣の部屋で、母は北側の遠い部屋を与えられ、嬉しくない。

レディフローラはヴィクトリアに女王として知っておくべき事をアドバイスしようと申し出るが、ヴィクトリアは聞かなかった。

スケレットは女王に会ヴィクトリアは彼女にドレスのデザインの要望を出す。

女王との謁見で多くのレディたちが来る。そこでもメルバーンはこの人が誰なのかをそっとアドバイスをする。

翌日

初めての舞踏会。コンロイと母に飲み過ぎるな、同じ相手とばかりダンスをするな、などとぐちぐち言われるが、結局ヴィクトリアはシャンパンを飲み過ぎる。

酔っぱらってきたヴィクトリアはメルバーンにダンスをしたいと近寄るが、優しく断られ酔いから冷める。お互い惹かれ合っているようだ。

その翌日

ヴィクトリアは母にお腹が膨らんでいるフローラがジョン・コンロイの子を妊娠しているとの憶測を話すが、信じない。ヴィクトリアの要望でフローラは、医師の診察を受けなければならなくなった。フローラは女王に信用されていないことに失望だ。

そのまた翌日・戴冠式

今日は、ヴィクトリアの戴冠式だ。彼女はハノーヴァー朝の第6代女王となった。そしてフローラは診察の結果、妊娠ではなく腹部に大きな腫瘍があることが判明する。

フローラの死

国民は女王間違いによってフローラが辱められたと憤慨している。ヴィクトリアは彼女に謝罪するが、フローラは神だけが許せると言い、女王らしくなれと言う。ヴィクトリアは罪悪感でいっぱいだ。

スケレットは侍女のジェンキンズをかばい、少し打ち解ける。

フローラが死に、母はヴィクトリアを責め、喧嘩をする2人。

彼女は自分には国を統治することなんてできないのではないか、と落ち込む。すると、メルバーンハ死んだ息子の事を話し始める。息子が亡くなった時、自分が存在していることに意味がないと思ったと。

メルバーンからあなたは笑顔で手を振り、国民と向き合えと勇気をづけられる。

国民からのフローラの件の罵倒の中、彼女は涙を浮かべながらも敬礼する。そして大切な人形を箱の中に閉まって鍵をかけた。


ヴィクトリア家系相関図使用人相関図
Photo©itv


 - ★★新作海外ドラマ

error: Content is protected !!