We Love Drama ♡

最新海外ドラマ&ときどき映画

新作ホラー映画:ゲット・アウトネタバレ感想・ここが恐い&相関図

   

Get Out・日本公開日

※最後にネタバレ有り。

邦題:ゲット・アウト
米国公開:2017年2月24日
日本公開:2017年10月27日
上映時間:103分

ネタバレなしの登場人物相関図

ネタバレなしの登場人物相関図。映画を見る前に見ても大丈夫です。

簡単なあらすじ

黒人の若い写真家のクリス。恋人のローズの両親に会いに行くことになる。黒人だから気に入られないのではないかと不安になるが、会って見ると感じが良い。大きな家に大きな敷地。黒人の使用人のウォルターとジョージーナは不気味だ。

ローズの母は催眠療法ができる精神科医で、父は神経外科医だ。弟もいる。そして、喫煙するクリスはローズの血tから、ミシの催眠療法を受けると禁煙できるようになったと話を聞く。そして、その夜夜眠れず下へ行った際に、ローズの母に催眠療法をかけられてしまう。

翌日、両親の友人立が集まるパーティーが開催されるが、クリスは何かがおかしいと思い始め、ローズに俺は帰ると言う。

ネタバレ

※最期までのネタバレ含みます。見てから読むのをおすすめ。

パーティーの最中にお金持ちリタイヤ友人達に、クリスをオークションにかけ、盲目の画家が彼を買う。

ローズの部屋には黒人の男と一緒に撮った写真がたくさんあり、クリスはそれを発見してしまう。そこには使用人のジョージーナと一緒に撮った写真もあった。

これはやばい、恋人もグルだったと判明し、さぁ逃げるぞ、というところで、弟と父、母、ローズに阻止され、ローズの母がティーカップをスプーンでくるくる音を出し、それを聞いてしまうと体が動かなくなってしまうクリス。

彼は地下の椅子に座って縛り付けられており、ビデオを見せられる。父は何やら手術を開始している。それは、あのオークションでクリスを買った男だった。

実はこの家族は、娘が黒人を買い、または弟が誘拐し(映画の冒頭)、母は催眠術で暗示をかけ、父はオークションで落札した人間の脳を、健康で若い黒人の体に入れ替えるという事をずっとやっていたのだ。

かくかくしかじかで、

クリスは逃げ、ローズはそれを追いローズは使用人のジョージーナをお婆ちゃんと呼び、ウォルターをお爺ちゃんと呼ぶ。そう、この二人は黒人の若い体をしたローズの祖父母なのだ。

カメラで写真を撮るとフラッシュの光か何かで一瞬暗示が解けることを知っていたクリスは(パーティーの時にわかる)ウォルターにカメラを向け写真を撮る。するとウォルターは銃で自ら自殺。

おそらく脳は完璧に入れ替えられておらず、体の持ち主の感情やら感覚やらが残っており、きっといつも出たい出たい死にたいなどと思っていたけど、暗示にかけられてもいるから出来なかったのだ。(だからジョージーナも涙を流したりしていた?)

友人のロッドが助けに来てハッピーエンド。

ネタバレ・この映画のここが恐い

何かストーリーだけ読むと、けっこうただの狂った家族映画という感じだけど、この母が催眠療法をかけると、クリスの意識や体が暗闇に沈むんです。まるであの金縛りで自分が見えるけど、自分は何もできない状態。

クリスも小さい窓のようなところからしか外が見えない状態で、このシーンの描き方が恐かった。うわぁこんな状態に自分がなったら怖いわぁと。他は特に怖くなくて、ホラー映画というより、スリラー、いやタモリの世にも奇妙な物語系か。でも、面白かった。おすすめ。

その他ホラー映画

アナベル死霊人形の誕生・ネタバレ感想
It Come at Nightネタバレ感想
A Cure for Wellnessネタバレ感想
Pay the Ghostあらすじネタバレ
XX感想ネタバレ
Dont Knock Twice感想ネタバレ
The Autopsy of Jane Doeネタバレ感想
Before I Awake 感想ネタバレ
The VVitch ウィッチ感想
新作ホラードラマChannel Zeroシーズン1相関図


 - ■■ホラー&スリラー, いろいろ相関図, 新作映画・感想など

error: Content is protected !!