We Love Drama ♡

最新海外ドラマ&ときどき映画

ゲームオブスローンズシーズン7ネタバレ第3話

   

第3話/The Queen’s Justice あらすじネタバレ

ドラゴンストーンへ到着

ジョンとダヴォスはドラゴンストーンへ到着する。ティリオン、ミッサンディとドスラク人兵士達がお迎えだ。ティリオンがキャスタリ―ロックのドワーフだと再会の挨拶をし、そして初対面のダヴォスと握手をする。ティリンは女王の相談役のミッサンディを紹介し、彼女は来てくれた事に礼を言い、武器を預かる。

武器を取られ、船もどこかへ持っていかれたジョンに、ティリオンはすまなそうな顔を向ける。

ダヴォスはミッサンディの訛りを指摘し、どこの出身かを聞く。ナース島と答える彼女だが、それ以上は語らない。上まで歩いていく途中、ティリオンは元妻サンサはどうしてるかと聞く。ジョンは再会してから賢く振る舞い始めたと近況を教える。自分の上空をドラゴンが飛び、ど肝を抜かれるジョンとダヴォスだ。

お互いにナイツウォッチの新兵が北の王になり、ラニスターがターガリエン家の手になるとは、と会話をする。

メリサンドルとヴァリス

上からジョン達が歩いてくるのを眺めているメリサンドル。そこ来たヴァリスはあなたが彼と会うことを薦めたのにどうして出迎えない?と聞く。

彼女は ”炎と氷を出会わせた” から自分の役目は終わったと言い、そして自分が犯したひどい過ちの所為で、ダヴォスとジョンとの別れは後味が悪いものだったと話し、ここにいるとあなた達の邪魔になるからヴォランティスヘ行くと言う。

ヴァリスは彼女に身の上が危ないからウェスタロスにはもう戻らない方が良いと助言するが、彼女はあなたのようによそ者としてもう一度戻り、この地で死なないと、スパイダー、と返す。何とも言えない表情のヴァリスに一目置き去った彼女。彼は一呼吸し海を見つめる。

ジョンとデナーリス対面

遂にジョンとデナーリスの対面だ。ミッサンディが彼女の長ーいタイトルを紹介し、ダヴォスはジョン・スノウを北の王と紹介する。

デナーリスは彼をスノウ公と呼び、それを指摘したダヴォス。しかし、彼女は最後の北の王はエイゴン・ターガリエンに膝まづき、永遠に忠誠を誓ったトーレン・スタークだと言う。

そしてあなたは膝まづきに来たのよね、とジョンに続けるが、ジョンはそうではないと答える。

では誓いを破る為に遥々来たのなら残念だわ、と言う彼女に、あなたの父は自分の祖父と叔父を生きたまま焼き殺したことを言い返すジョン。すると、彼女は父のしたことはターガリエン家を代表して謝るが、彼の罪で娘の自分を裁かないで欲しいと話す。

そして、祖先のように膝まづき忠誠を誓えば北部総督として認めると言う。しかし、ジョンはあなたの父の罪はあなたの罪ではないが、自分と祖先の誓いも関係ないと返す。

彼女は自分には3頭のドラゴンがいて、自分に誓ったドスラク人達もいるのに、どうしてあなたの助けがいるかを教えてと欲しいと続ける。

そこでダヴォスとジョンはサーセイはすぐにでも倒せるだろうが、まだ王都に攻め込んでいないことを指摘する。それは罪なき民を殺したくないからでしょう、と。だから少なくともサーセイよりはましだと付け加え、そして自分がこの目で見た実存する北の敵、死の軍団、夜の王、ホワイトウォーカー達が来るから、団結しないと皆死ぬぞと伝える。

それに対し自分は神や伝説を信じてやって来たのではなく、自分を信じてここまでやって来たと言い、七王国を必ず支配すると彼の目の前で言う。

ティリオンはサーセイとの戦いはもう始まっているから死者との戦いには参加できず、とりあえず膝まづいては、とジョンに施す。一緒に俺の姉を倒してその後北の敵から北部を守ろうと。

話しは同じ事の繰り返しで、そこへヴァリスが耳打ちをしに来る。彼女はジョンとダヴォスに食事と風呂を用意し、話し合いは一旦終了となる。

逃げたシオン・グレイジョイ

ヴァリスはユーロンに鉄の民とドーン人の船が襲われ、エラリア・サンドとヤーラも生死不明になったと伝える。残っているのは2,3隻だけだと。

仲間の船に海から引き上げられ助けられたシオン。ヤーラはどうなったと聞かれ、助けようとしたが連れ去られたと嘘をつく。しかし、男達はお前は逃げたからここにいるんだろ、とそっぽを向かれる。

サーセイへお土産を持参

約束通り、サーセイへの贈り物を持って王都へ戻って来たユーロン。馬に乗り、ヤーラの首を縄でつなぎ、その後ろにはエラリアと娘のティエネも歩かされている。

民衆は彼の帰還を喜び、鼻高々で王座の前に彼女の娘ミアセラを殺したエラリアとティエネを差し出す。エラリアはオベリンを殺したマウンテン(サー・グレガー)に目をやり、そしてサーセイに向け唾を吐き、お互いにらみ合う。

サーセイはユーロンを14の海で一番の船長だと褒め、王室の真の友だと告げる。友だけではなく、他の褒美(サーセイと結婚)が欲しいと言う彼に、戦いに勝ったらあなたの望むものをあげるわと話す。

そして、ジェイミーを陸軍、ユーロンに海軍を任せると皆に告げる。ユーロンはジェイミーに、彼女はどんなセックスが好きかと聞きまたも彼を挑発する。

娘ミアセラの仇を晴らす時

ユーロンはヤーラを連れて行き、捕らえられたエラリアとティエネは地下へ。そこにはクァイバーンとマウンテン(サー・クレガー)が。

そしてサーセイはサー・グレガーとオベリンの戦いの話とミアセラが殺された時の心境を語り、どうして娘を奪ったかを聞く。口に布を加えさせられているエラリアは何も話せず、彼女の娘に毒がついた口紅で口づけをする。クァイバーンが同じ毒を見つけたと。そして自分はすぐに解毒剤を飲む。

サー・グレガーに頭蓋骨を割らせるのは早くて簡単過ぎるから、自分の最愛の娘が目の前で苦しみ死んで腐っていくのをここで一生見届けろと言う。食事を拒んだら胃に流し込むと。

サーセイは去り、エラリアとティエネ親子は鎖に繋がれたまま放置される。

鉄の銀行への借金

その後サーセイはジェイミーの部屋へ行き、セックスをする。朝、従女が来ても自分は女王だから見られても構わないと彼に話す。

鉄の銀行(アイアン・バンク)の人間がやって来て、借金が凄い額になっているから返せと言い、彼女はブレーヴォスに帰るまで2週間ほどここに客として滞在し、その間に全額返すと話す。

ドラゴングラス

海を眺め佇むジョンに、ティリオンは死者達への襲撃はどうするのかと聞くが、ジョンは自分にもどうすべきかはまだ分からないと打ち明け、自分も魔物だと言われたら・・と続けようとするが話すのを止めた。

そしてどうせ信じないんだろうと言うジョンに、誠実な男達(ジオー・モーモント)が見たものを俺は信じると言い、自分が女王に口添えできることはないか?とジョンに持ちかける。

ティリオンはデナーリスにジョンはホワイトウォーカー達を倒すために武器を作りたがっていることを告げ、

彼の言っていることが真実でなければ彼らはここに来ないでだろうし、女王は信じなくても良いが彼らに恩を売れるので、損をしないのだから発掘せてあげましょうと助言する。

デナーリスはそのことについては何も明言しないが、先ほどダヴォスが途中まで話していたジョン胸に短剣を受けたが・・との事を気にする。

ティリオンは(本当は勘づいているだろうが)北部は暇だからただの彼らの想像話でしょうと返す。

デナーリスとジョン

3頭のドラゴンが空を飛び、外を眺めているデナーリスのところへ来たジョン。家族の話をし、自分はサーセイを倒し王座に着く決意は変わっていないことを彼に伝える。そしてドラゴングラスを発掘して武器を作って良い事を告げる。礼を言い、死者を信じるのかと言う問いにはまだ答えない女王。

ウィンターフェル・弟との再会

サンサはジョンに替わり、来る冬の為に、北部の皆がここに避難する際には食料を運ぶ余裕はないだろうから、今の内に食料の備蓄や寒さ対策をしろと命令を出してる。

そこでベイリシュは考え得るあらゆる戦いの筋書きを想定すると驚かない、と彼女をマインドコントロールしてるところへ従士が彼女を呼ぶ。城門へ行くと、そこにはミーラとブランがいた。喜び驚き、弟をハグするサンサ。

ブランはジョンに話さないといけない事がある言い、サンサはあなた父の最後の息子だからウィンターフェル公になれると言うが、ブランは自分はもう三つ目の鴉だからそうはなれないと姉に言う。

よくわからないサンサに、自分は三つ目の鴉に教わり、自分には過去も今の怒っている出来事も全て見えると。そしてボルトンとの結婚の事を話し、サンサは嫌な思い出を思い出したのかそこを離れる。

ジョラー・モーモント

エブローズメイスターとサムはジョラーのグレイスケールの診察だ。が、あんなに広がっていた鱗はほとんど消えており、ジョラーも気分が良いと話す。

エブローズは彼にもうここを出ても良いと告げる。そしてジョラーはこの病気になった時は諦めていたが、今はデナーリスの所へ帰るのみだとサムに言い、命を救ってくれた礼を言う。また会えるかもなと言葉を残しシタデルを去る。

サムはエブローズに呼ばれ、禁じられていた治療をし、成功した事に対して、結果ジョラーを救ったので、誇ってよいと言われる。しかし、罰として追放はしないが、山ほどある古い巻物書物達を新たに書き写せと命じられる。

キャスタリーロック

デナーリスはユーロンの船を見つけ、ドラゴン3頭を使って沈める案を皆に言うが、船がどこにいるかもわからないし、ドラゴンに矢を打たれたらあなたの命が危ないと言われる。

そしてキャスタリーロックにはグレイワーム率いるアンサリ―ド(穢れなき軍団)が到着する頃だと言われる。そしてラニスターはこっちが攻めてくることを読んでおり、彼らは待ち構えているだろうとティリオン達は言う。

海からアンサリ―ドは到着し、城壁からとティリオンが昔に作った地下への道を使い、城内へ侵入でき、ラニスター軍を倒すことに成功する。しかし、敵の人数があまりに少なく、疑うグレイワーム。

そして城の上から外を見ると、沖からユーロンの艦隊が押し寄せてきてグレイワーム達の船は燃えていた。

ハイガーデン・オレナ

一方、ジェイミー率いる陸軍は、タリー公とその息子、そしてブロンを連れハイガーデンに攻めてきている。戦いに慣れていない彼らはあっとう間にやられ、タイレル家の金を持ち帰る準備をしている。

ジェイミーは一人オレナがいる部屋へ行き、ワインを注ぐ。

彼女はもう終わりだと知っており、どうやって殺すの?と聞く。ジョフリーの剣を見て、彼は本当に最低な男だったと言い、自分はタイレル家を守るために部下に命じ必要なことをしてきたと言う。

そしてあなたの姉は想像を絶する蛮行に及ぶ怪物ね、と続ける。それに対し、敵を排除し、彼女の築いた世界で幸せに暮らせば彼女を非難するものなどいない、と言うジェイミー。

ジェイミーに本当に彼女を愛している彼を可哀そうな男と言い、そしてそれは命とりになるわよと忠告する。

ジェイミーは毒をワインに入れる。苦痛はあるか?と聞く彼女に、大丈夫だ心配ない、と返す。彼女はワインを飲み終わった後、ジョフリーのように毒を飲んで苦しむのは嫌なのよ、と彼が死んだときの様子を詳しく話し、王の盾、そして父親としてつらかったでしょうね、と続け、あんな死に方をさせるつもりじゃなかったのよと明かす。

ジェイミーの顔つきが変わり、そして彼女はジョフリーを殺したのは自分だったとサーセイに伝えて欲しいと告げる。何か言いたそうだが、何も言わずに部屋を去るジェイミー。


第1話第1話感想第2話第2話感想第3話第3話感想第4話第4話感想

Photo©HBO

 - ゲームオブスローンズ-S7

error: Content is protected !!