We Love Drama ♡

最新海外ドラマ&ときどき映画

This Is Us 36歳これから・ネタバレシーズン1第4話

   

This is us36歳、第4話・The Pool

80年代:家族でプールへ

熱い夏。エアコンが壊れているらしい。でもジャックは直せず、彼は皆に今からプールへ行くぞ、と言い大張り切りだ。一日プールに子供といてお酒なしで大丈夫なの?と冗談まじりで聞くレベッカに、俺は飲まないと誓ったからね、と答え、君はゆっくり本を読めるぞと、ジャックは優しい。

プールはとても混んでいてシートを見つけるのも大変だ。レベッカはぽちゃりケイトにビキニの上からTシャツを着ればとアドバイスするが着ないで遊びに行ってしまう。

現在:ランダル

朝、ランダルとベスは子供たちの髪を編んでいる。子供達はウィリアムの事をお爺ちゃんと呼んでいる。

ウィリアムは散歩へ出かけ、ランダルはニューヨークにいるケヴィンからビデオコールを受け取る。子供たちはMannyの真似をしてとせがみ、彼は仕方なくする。

ウィリアムは近所から通報を受け、お巡りさんから何やら尋問を受けておりもめている。ランダルは彼は自分達と一緒にいると話し、一見落着だが、新しい服を買いにいかないとね、と父に言う。

トビーの元妻

ケイトとトビーは外で食事中だ。そこへ何やらキレイな女性と挨拶していたトビー。気になるケイトは誰か?と聞くと、元奥さんだと答える。一瞬嘘だと思い笑うが、彼は以前結婚してたと言っただろ、と話す。痩せていて、細いヒールを履いている彼女を横目で見て沈むケイト。

ケイトはケヴィンに電話し、トビーの元妻のSNSをチェックしまくりながら彼女は友達も経歴もなんでも凄いわ、と嘆いている。

NYでオリビアとの出会い

ケヴィンはお芝居のオーディションだ。彼は自分の経歴をたらたらと話すが誰も聞いていない。セリフの読み合わせは女優のオリビアで、そして彼のセリフを読む初めてのオーディションは酷いものだった。

その後ニューヨークの町で迷子になり、道を戻ると先ほどのオーディションの女優オリビアとぶつかり、飲みに誘われる。そして、正直に言うけど、この道でやっていきたいならあなたは故郷へ帰ってトレーニングを受けた方がいい、と言われてしまう。

ケイトはジョシーが働いている店に入り、素敵なバッグを眺めていると、彼女から仕事さがしてるのかしら?と声をかけられ思わず、YESと答えてしまう。

トビーの元妻ジョシーと急遽店の中で仕事の面接をするが、このブティックの事を知っている?と聞かれ、SNSで調べまくった事をペラペラと話してしまう。驚く元妻だったが、どうやらケイトは仕事を得たらしい。

そのことをトビーに話すが、いつも穏やかな彼が同様し、ジョシーのところで働く事を賛成しない。トビーは彼女は浮気をし、嘘をつき、自分に酷い事をしてきたんだと話す。そして離婚後酔っぱら時には何回も自殺を考えたとも。

黒人コミュニティー

ケヴィンは泳ぎたくないと言い、レベッカはケイトの体形を気にしている。ケイトはクラスメート達を見つけ、一緒に遊ぼうと声をかけるが、これは私たち皆からよと手紙を受け取る。レベッカはランダルが見つからず探し出す。

レベッカはランダルを探すがなかなか見つからない。ケイトがもらった手紙は、私たちは恥ずかしいからあんたとはもう遊びたくない、と豚のイラストと一緒に書かれたものだった。それを見つめて落ち込むケイト。

そしてプールサイドの端の方へ固まっている黒人のグループのところにランダルが一緒になって遊んでいた。

レベッカは一人の母親に、挨拶をしランダルを見ていてくれてありがとうと礼を言うが、彼女は白人のところに養子に来た黒人の少年の母親として、まだ私たち(黒人コミュニティー)に挨拶しに来ていないあなたの事を知っていると話す。

黒人のその女性はレベッカに嫌味を言ったつもりなのか。レベッカは強気な態度で接するが、彼女はさらにランダルの襟足を見て、黒人の髪を切れる床屋へ連れて行くべきだとも言う。

ランダルにケヴィンと一緒にいてと言ったでしょと怒る母に謝るランダル。

ケヴィンの子供心

まだ上手く泳げないケヴィンはプールの中でボールを追いかけ、脚がつかない深いところまで行ってしまい、危うく溺れる。自力でプールサイドへあがるが、ジャックもレッベカも見ていなかった。

レベッカは娘のケイトがもらった酷い手紙を見つけ、ジャックに見せる。彼は冗談だろと怒り、レベッカは私たちが彼女にTシャツを着せなかったからよ、と話し合いをしようとしたところ、本気で溺れそうになったケヴィンが自分の事を全然見ていなかった両親に、養子なんか取るべきじゃなかったんだ、と怒ってやって来る。

ジャックはケヴィンに謝り、自分にも子供3人もつのは初めてなんだ、と言い、これからもっとちゃんとするからと謝る。

ケイトは仲間はずれにされて落ち込んでおり、ランダルも落ち込んでおり、彼が襟足を気にしているのを見て、レベッカは先ほどの黒人の母親の所へ、床屋の住所を教えてくれる?と聞きに行く。

そして、時々ランダルはあなたの息子と放課後遊べるかしら?と言い、ついでに彼には日焼け止めが必要なのかどうかも聞く。黒人の母親は笑顔で笑いだし、レベッカと打ち解ける。

タオルを巻いて一人うずくまっているケイトにジャックはTシャツを持ってきてくれる。このTシャツは魔法のTシャツで自分のなりたいものになれると教えてあげる。お姫様になりたいと言う娘に、切ない表情をするジャックは着なくてもお父さんにはお前はお姫様なんだよと伝える。

父への想い

ランダルはウィリアムに、自分はペンシルベニアの白人地区で育ち、黒人の男性に会うだ度にノートに記したと。もしかして自分の父親かもしれないと思って、と。

俺は強くて成功している男だ、といろんな感情をぶつける。すると、ウィリアムはランダルに自分は君に謝るべきだ、と彼を捨てた事を謝罪する。すると、突然ドアベルが鳴り、ケヴィンがやって来る。

しばらく泊めてくれと言い、ランダルの娘たちは大喜びだ。

そして、ランダルはウィリアムを彼が探していてやっと見つけた自分の生物学上の父親だと紹介する。握手をし挨拶する2人。そして彼が姪たちと遊びに行った後、ウィリアムは、彼はMannyの人か?と聞き、ベスと2人頷く。

ウィリアムはあのショーが大好きらしい。サインをもらわないと、笑う。

エンディング

プールサイド、子供3人と和やかに昼寝をするジャック。レベッカは読書だ。

Photo©RonBatzdorff/NBC

シーズン1前半
第1話第2話第3話第4話第5話第6話第7話第8話第9話第10話

シーズン1後半

第11話第12話第13話第14話第15話第16話第17話第18話最終回

 - This Is Us 36歳これからS1-2

error: Content is protected !!