We Love Drama ♡

最新海外ドラマ&ときどき映画

ゲームオブスローンズシーズン7第6話感想&今回の死者

   

Game of Thronesシーズン7第6話

前回5話の感想で女の戦いに男がくっついているとか書いたと思うけど、撤回します。重い剣を持って戦う男達、カッコ良い。

今回出なかったキャラ。ポドリック、グレイジョイ家、ジェイミー、サーセイ達、ヴァリスにミッサンディ、グレイワームに、そしてブラン!いい加減何か大きな重要な過去を語るんだ。

今回の死者

7人に着いてきていた他数人。

アル中のミアのソロス。巨大な御団子頭がお婆ちゃんみたいだと思っていた。なんでかベリックを6回も蘇らせることができたこの人、もっと出て来て欲しかったと今更ながら思う。

ジェンドリー

ジェンドリー。前回復活して、俺も戦うぜと意気込んでいたのに、課された任務はひたすら走れであり、もう走れメロスである。ちょうど門の前まで来てぱたっと倒れる。そして、ソロスに売られた過去に泣き言を言ってるシーン、ベリック、ハウンドとソロスに囲まれ、まるでホントに子供。ドラマの年齢設定は何歳なんだろう。

ハウンド、トアマンド

ハウンド、この人やっぱり結局は昔から良い人よね。トアマンドから聞かされたブライエニの事、次回彼は彼女に会えるのか。

そしてトアマンド。もう野人だから目は良いし、音は聞こえるし、役に立ちます。しかも、ブライエニとの子供が欲しくて、生まれた大きな子は世界を君臨すると本気で話すところが面白い。

ハウンド、トアマンド、あぁもうやられて駄目かと思わせるシーン。トアマンドがやられていくシーン、ブライエニと会えずにこのキャラも今回で終わりかと思ったり。

ベリック・ドンダリオン

この人の炎の剣、超カッコイイ。確か自分の血で炎を出してるんだけども、なんかこうゆうところがファンタジーだなぁと。エダード・スタークの話しや、トアマンドのマンスの話だったり、ジョンがいろいろ話を聞いて自分だったらどうするか、と考えているのか、彼の表情やら、戦いが始まるまでのシーンも今回はいろいろ見入ってしまう。

あのサークルを描くシーン、何度も今までのシーズンにも出て来たけど、今回もやはり同じく。ドラゴンストーンの洞窟の壁画の丸い絵、昔もこんな戦いだったのか。

ジョラー。なんだかんだでちゃんと戦える男だから再登場して良かったね、と褒めておく。今更だけど、結構簡単にグレイスケール治ったなと思ったり。

アリアとサンサの喧嘩

これが現実だったら超怖い姉妹だ。

サンサが見つけたアリアの不気味な顔達。そりや普通の人なら何よこの不気味な顔はっ、となるに決まってます。やっと帰った弟は口数少なくビジョンがあると言い、妹のアリアは姉を脅す。

アリアが必要なのはあなたの顔って、短剣で顔を剥げと?次の最終回で解決するのだろうか。

質問者は不運な目に遭ったよとか(ウェイフ)とか、アリアも怖いけど、サンサもベイリッシュを信用していておバカさんだなぁと。あいつは信用できないとか言っていおいて。

ジョンとデナーリスのロマンス

もう、個人的に彼らのロマンスは不要な要素なんじゃないかと思っていますが、ことあるシーンで目を合わす2人。そして、今エピソードのラスト、船の中手を握りあい、あっこれではいけないと気づき手を放す2人。いい加減にしろ。叔母と甥だぞ。

ベンジェン

あぁ、ベンジェン・スターク。なぜなぜ、久々に登場しておいてジョンと一緒に馬に乗らなかったのか。もう、半分死んでいる感じだから死にたかったのか。馬、2人乗れるよね。

一番のハイライト・強敵誕生

もう、今回のハイライト。それはやはりナイトキングの堂々とした感じに、驚異的な長さを槍を投げて一発でドラゴンに刺し、氷の下へ沈んでいったところ。ナイトキングがパニックになったりするところを見てみたい。

そして、極めつけはナイツキングの命令の元、落ちて死んだドラゴンを鎖で引き揚げて、そして彼が手を触れると、開いたその眼は青い眼に!!!!これは残る2頭のドラゴンの強敵になる事間違いなしである。

第6話のロングクロウとあの山と、来週の第7話へ続く。

Photo©HBO

シーズン7あらすじ詳細ネタバレ

第1話第1話感想第2話第2話感想第3話第3話感想これまでの死者第4話第4話感想&第5話予告第5話第5話感想第6話Part1第6話Part2第7話第7話感想


 - ゲームオブスローンズシーズン7

error: Content is protected !!