We Love Drama ♡

最新海外ドラマ&ときどき映画

ニコライ・コスター=ワルドーの新作映画Shot Callerあらすじネタバレ感想

   

Shot Caller

米国公開:2017年8月18日
日本公開:2017年9月30日
上映時間:121分

ゲームオブスローンズのジェイミー・ラニスターのニコライ・コスター=ワルドーの新作クライム映画、Shot Caller観ました。

あらすじ概要ネタバレ

大体の話は、単純に主人公ジェイコブは元々は普通のサラリーマンで綺麗な妻と一人息子がいる。友人夫婦と食事に出かけ、帰りは彼の運転する車で帰る途中、よそ見をした瞬間事故を起こし、後ろに後部座席に座っていた男友達が死亡。

刑務所へ行きとなったそこはギャングだらけで、一度男達のカモにされると出るまでずっとカモにされると言われた彼は二日目外へ出た祭に、皆の前で黒人の囚人へとっくみかかる。

それから、白人がギャンググループのリーダーのいう事を聞いていかないと、生き残ることはできず、7年で出れるはずが、刑期はどんどん伸びて行き、次第にギャングとしての頭角を現していくジェイコブ。

かくかくしかじかで、半分は出所してからの話と、過去の家族との思い出や、どうやってギャングのボス=刑務所の中と外を取り仕切る者=Shot Callerになっていったのかが描かれていく。

感想

面白かった。正直、彼の出た映画キング・オブ・エジプトとかはもうこんなのにでなくて良いのにと思っていたけれど、この真面目なクライム映画は合っていると思いました。

あのハンドルバー髭も以外に合っているし、オールバックヘアも渋いし、普通の男だったのに、だんだん強くなっていくジェイコブ、強くならなきゃ生き延びれない刑務所。ゲームオブスローンズのジェイミーファンの方は必見だと思います。

刑務所へいる間にどんどん大きくなっていく息子への愛情は一切忘れることなく、子を持つ親としてはエンディングは切ないなぁと思うけれど、見てよかった。おすすめです。

 - ■新作映画・感想など

error: Content is protected !!