We Love Drama ♡

最新海外ドラマ&ときどき映画

This Is Us36歳これから・シーズン1ネタバレ第10話

   

第10話・Last Christmas

1989年のクリスマスイブ

クリスマスツリーに飾り付けをしているピアソンズ。ケイトは母にお腹が痛い、と言うか真剣に受け止めない。やはりお腹が痛いと訴えるケイトのおでこを父が触ると熱がひどかった。

病院にいる一家。盲腸だったケイトは手術が恐いと言い、母レベッカは怖がる娘にクリスマスイブには何も悪い事は起こらないのよ、目が覚めるともクリスマスよ、と優しく言う。

レッベカは病院で子供を取り上げてくれた医師ネイサンが病室にいるのを見つける。彼の肺と心臓の間からからは出血しているらしい。彼の家族はモンタナにいて、来れないらしい。手術をすれば助かるかもしれないけど、自分はもう年老いていると諦めている。

ジャックとレッベカは彼の病室へ行き、彼を勇気づけ説得しようとしている。

ランダルは病院のお店で自分のお小遣いでスノードームを買う。そしてそれを彼に持っていき、あなたがいなければ父は僕を養子にしなかっただろうと伝え、ありがとうとそれを渡す。

現在:ケヴィン

ケヴィンがオリビアにキツイ事を言ったせいで、主演の女優が来なくて没になりそうだと、スローンは自分の書いたお芝居がダメになったとケヴィンと喧嘩をしている。

しかもこれから両親とハヌカ(ユダヤ人のクリスマス時期の祝日)を祝いに行くのに、と。じゃぁどうして欲しいんだよ、と言うと一緒にディナーに来てと言う。しかも母にMannyの男と付き合ってると言ってしまったらしい。母はMannyが好きらしい。

 スローンが姪達の為におとぎ話しをする様子を隣で見ていたケヴィンは、君が演じれば良いのに、と提案する。そんなの無理よ、と言い続ける彼女に、家族も演じる事に賛成し、ケヴィンは自分のお金を使ってでもやろうという事になる。2人は同意してハグをする。

現在:ケイトの手術の件

ケイトとレッベカはクリニックでバイパス手術の事について話を聞いてる。医師は、ゆで卵を見せ、手術後はあなたの胃の大きさはこれくらいになるのと言う。そして、その後の食事生活はものすごく少量しか食べられず、一生ビタミンなどのサプリメントを摂取しなければならず、合併症のリスクもあると説明を受ける。

母は手術は反対だ。しかしケイトはどう思っているかわからない。そして聞こえは怖いけど、手術を受けるのは良い選択だと思うわ、と医師に言われる。母レッベカとケイトはぎぐしゃくしている。

車を止め、母は娘に聞く。成人になってからの娘の気分の落ち込みや衝動食いなど知らなかった彼女は、苦悶表情で私があなたにこうしてしまったのかしら?と。・・・ケイトはわからないと答える。

ウィリアムの彼氏

ウィリアムはドラッグのグループミーティングに参加している。ウィリアムが話した後に、ジェシーと言う男性が話は始める。その人は恋に共に落ちた男性が突然姿を消したと始め、彼は死んだか何かあったんだと思っていたら、彼は無事だったと判明し、その彼は愛する家族を見つけていたと。自分は彼に幸せになって欲しいと思ってたけど、、と怒っている。

ミーティングの後、ウィリアムはランダルに帰りは少し遅れると電話をし、ジェシーと話す。3か月前にいなくなってから探していたのに、と怒りをぶつける。

しかしジェシーは死にゆくウィリアムに対し、僕は君を愛していた、でも君が死ぬまで一緒に過ごしたいと思うと。君はどう思ってる?と聞くジェシー。

ボートを買った男

ランダルはベスと会社のパーティーへ参加しているが、ベスは夫が急にボートを買ったらしいという事を聞き、どうゆう事?となる。彼は友人のアンディーから買ったと言い、時に男にはボートが必要なんだと言うが、レッベカの嘘の一件で突拍子もない行動をしていると妻は、ボートを返却しようと提案する。

そして妻の提案を承諾し、ボートを返却してくるとアンディーを探しに行く。

アンディー(ジミ・シンプソン!)はバルコニーの手すりに娘のクロエ宛の手紙を、指輪と腕時計を外し手紙の上に置いている。そこへ来たランダルは、何かおかしいと察し、何があったかを彼に聞く。

これは初めてか?と聞くがいや、何度もしていると話す。アンディーは浮気をしていたので、妻も子供もいなくなり、お金もなくなり、と話す。

とにかく飛び降りたいアンディーを止めようとするが、彼はお前は完璧で俺の人生なんてわからないと言われる。しかし、ランダルは自分の生い立ちや、母の嘘などを話す。

ウィリアムは君の娘は、お前が愛せば愛してくれるはずだ、と娘は君の事をいつか必ず許してくれるはずだと説得する。そこにベスが来てしまい、振り向き妻に今は来るな、と大きな声で言い、振り返るとアンディーはいなくなっている。

No,No,No,No—とテラス越しを覗き叫ぶが、アンディは部屋の中へ入っていた。

安堵しベスを抱きしめ、家へ帰る。そこへケヴィンとスローンが来る。そして今度はミゲルとレベッカ、ケイトが来る。皆、来れないと言っていたのに結局来てくれた。今日の一件で母を少し許すことができたのか、ランダルは母のコートをかけ、話しかける。

次に来たのは、なんとトビーだ。驚くケイト。皆がいる前で自分はまた自分と君の為にダイエットをすると言い、美味し食べ物がなくても生きていけるけど、君なしでは生きていけないとステキな言葉を彼女に伝える。2人は2階へセックスしに行く。

そして次に来たのは、ウィリアムとジェシーだ。皆がくつろぐ中、ウィリアムの長女がグランパはゲイよ、と言う。驚くベスとウィリアム。ウィリアムは開いた口がふさがらない。降りて来たトビーとケイトだが、トビーの息は上がっている。

エンディング

ランダル家で皆はゲームをしたりクリスマスイブを楽しんでいる。しかし、立ち上がったトビーは汗をかいており、倒れてしまう。

過去:病院。母は盲腸の手術後眠っているのケイトの手を握り、医師ネイサンは手術をうける。ジャク達は彼の病室で待ち、手術が成功し目が覚めたネイサンはまだ生きているなとつぶやき、皆ホットする。

病院へ運こばれたトビーは手術室で心臓マッサージを受けているが・・・

”クリスマスイブには悪いことは何も起きない” というピアソン家の言葉通りになるのか・・。

シーズン1前半
第1話第2話第3話第4話第5話第6話第7話第8話第9話第10話

シーズン1後半

第11話第12話第13話第14話第15話第16話第17話第18話最終回

Photo by: Ron Batzdorff/NBC

 - This Is Us 36歳これからS1-2

error: Content is protected !!