We Love Drama ♡

最新海外ドラマ&ときどき映画

ゲームオブスローンズシーズン7最終回!ネタバレ第7話

   

第7話あらすじネタバレ

最終回/The Dragon and the Wolf

キングスランディング

王都の壁の外、グレイワーム率いる、整列している穢れなき軍団。ジェイミーと閣下となったブロンは上からそれを見ている。穢れなき軍団は”一物”がないのに、何のために戦っているのかと疑問し、ジェイミーは家族の為だろうと話す。

そこで穢れなき軍団の間を馬に乗った大勢のドスラク兵が押しよせる。

王都へ船で向かっているジョン達。王都は100万人ほどの人口がいて、仕事もあり、娼婦も最高だとジョンに教えるティリオン。ハウンドは亡者が入っている箱を蹴ってみる。すると、静かだったが、箱の中で暴れだした。

サーセイ

サーセイは、デナーリスをまだ誰も見ていない事と、他の者達はドラゴンピットへ向かっている報告を受ける。そしてサー・グレガーに何か起きたらまずデナーリス(シルバーヘアビッチ)を殺し、そして弟、そして王だと言っている落とし子を殺し、後は好きに殺してよいと伝える。ジェイミーは彼女の言った事に一人曇り顔見せる。そして、サー・グレガーを連れ、ドラゴン・ピットへ向かう。

それぞれの再会ドラゴンピット

ジョン・スノウ、ヴァリス、ダヴォス、ティリオン、ハウンド、ジョラー、ミッサンディそしてドスラク兵達は歩いてドラゴンピットへ向かっている。ドラゴンは家畜や人間と餌の区別がつかなかった為、ドラゴンピットを作り、そこへ閉じ込めていたそうだ。

そしてここで生まれたドラゴンは犬ほどにも大きく育たなかったらしい。

ドラゴンピットへの道への途中、ブロンが迎えに来る。そこには先に着いたブライエニも同行している。ティリオンとポドリックは再会を小さく喜び、ハウンドとブライエニはアリアの事を話す。彼女はまだ生きており、今はウィンターフェルにいると聞かされると、あんたがここに居る間、誰が彼女を守っているのかと聞くハウンドに、彼女はもう邪魔をするものは自分で排除できるのよ、と教える。

俺はもうアリアを邪魔をしないと言うハウンド。

ティリオンはブロンに、サーセイに黙ってジェイミーの密会をアレンジしたから身の上が危ないぞ、と言うが、自分は上手くやっていると言い、ティリオンに金を倍払うと言われても、あくまでジェイミー達サイドにいる構えだ。

ドラゴンピット・竜舎

ドラゴンピットに着いた一行。まだ、サーセイ達は来ていない。警戒しながらも、それぞれそこで待つ。ブロンはポドリックと飲みに行き、ハウンドは王都が嫌でここを出たのにここで死ぬのかもな、と口に出し、ティリオンはそうかもしれないとそれを否定しない。

そして、サー・グレガーを先頭にサーセイ、ユーロン、ジェイミー、クァイバーン達が到着した。

彼らが着くやすぐにハウンドは、鎧を着て兄のグレガーの前へ立ち、少し見える彼の顔を見ては、俺を覚えているか?俺より醜くなって、何をされた?と聞くも何も答えない兄。(話せない)そして、お前を殺すのはこの俺だと兄に告げる。

2人の女王

そして、まだ来ないデナーリスにいら立ちを見せるサーセイに、ジェイミーの方を見るブライエニ。そしてドラゴンに乗ってデナーリスがドラゴンピットへ現れた。

ティリオンが休戦の話を始めようとしたところ、ユーロンが邪魔をし、シオンに姉を預かっているから、屈服しないと彼女を殺すぞと話し始める。

そして、小人のティリオンを侮辱し始める。ジェイミーに座れと言われとも聞かず、サーセイに座るかここから出て行けと言われ、悪態を辞める。

亡者を見せる

ティリオンが”戦う事”について話し始めるが、ジョンが続いて大事なことはお互い協調することではなく、生きる事であり、これから俺たちの共通の敵(死者)がやって来るとサーセイの前で話す。

彼らは話が通じず、ここにいる100万人の民が死者の軍団になり、信じないサーセイに、本気でなければここには来ない、と言う。

サーセイは休戦を求めてるデナーリスに、本当は王都へ攻めるための時間稼ぎじゃないの?と言うが、デナーリスは北の敵を倒すまではここを攻めることはしないと言う。

彼女の言葉も信じないサーセイに、ティリオンは見せるものあると言い、ハウンドが亡者が入った箱を担いで持ってくる。

箱を空け、横に蹴ると鎖に繋がれた亡者はサーセイの方へ襲いかかる。それをハウンドは剣で半分に切り、そしてジョンが炎かドラゴングラスで倒せるとデモンストレーションを見せる。

ジョンの女王

亡者を見て明らかに驚き恐れたサーセイ。ジョンは死者との戦いに負ければ皆がこうなり、敵の数が少なくとも10万はいると聞き驚くジェイミーに、亡者は泳げないと知ったユーロンは鉄島に帰ると言い、ドラゴンピットを去る。

サーセイは休戦を受けれると言うが、北は亡者との大戦の後は、北に留まりデナーリスとの戦いには参戦しない事を誓えと言う。

しかし、嘘の約束がつけないジョンは、2人の女王には仕えられないと言い、自分はデナーリス女王に誓ったから、その案には従えないと話す。

すると、怒ったサーセイは死者との戦いに生きのこったらまたその時会おうと言い、そこを去る。

ティリオンの交渉

正直すぎたジョンにティリオンとデナーリスは落胆するが、守れない誓いなんてしたくないと言うジョンは、皆が誓いを破れば約束なんて無意味になり、嘘はこの戦いの助けにならないと持論を話す。

そこで、ティリオンは自分が姉に直接話に行くと言う。

サー・グレガーと共にサーセイの部屋へ行く。弟が着くなり、北部がターガリエンに忠誠を誓った事に驚き、ラニスター家を滅ぼすとしているとティリオンを責める。自分は滅亡を防いだんだ、と返すが、彼女はあんたが父(タイウィン・ラニスター)を殺したから、ミアセラとトメンも死んだと更に責める。

聞く耳を持たない姉に、グレガーに命令して俺を殺せよ、と言うが彼女はそうしない。

王都へ来させたのには何か理由があるんだろと聞く弟に、彼女はお腹に手を当て、亡者が自分に向かって来た時に自分は世界をどうこうする事ではなく、ただ家族を守る事だけを考えたの、と言う。そして、ティリオンは姉が妊娠していることを知る。

ジョンとデナーリス

ジョンは自分が交渉を台無しにしてしまって残念だとデナーリスと話し、彼女はドラゴンの話をする。ドラゴンなしではターガリエン家も普通の人と同じと言う彼女に、あなたは普通の人とは違うと言い、あなたがまだここにいるからターガリエン家は終わってないと目をみながら話す。

私は子供が産めないのよ、と言う彼女に、それを言った魔女の話は本当かどうかわからないと彼女を慰めるジョン。そして彼女はあなたを始めから信じるべきだったと言う。見つめ合いながら話す2人。

そこで、ティリオンが帰って来た。後ろにはサーセイ達がいる。サーセイは我々の軍を王都へ戻すのではなく、北へ向かわせ共に加勢すると言う。

ウィンターフェル・サンアとベイリッシュ

サンサはベイリッシュと2人だけで話している。ジョンからのデナーリスに忠誠を誓ったという手紙を見て自分の意見は求めらていないと不満をこぼす。ベイリッシュは2人は独身で結婚を考えているのかもと言い、選ばれて王になったジョンを辞めさせればいいのではないか?とまたも悪知恵を働かしている。

そしてアリアの言動を不安視しているサンサに、あなたが一番妹の事をわかったいるはずだと言い、彼女が一番に望んでいるものは家族を裏切った自分の死だと、サンサに認識させる。

ドラゴンストーン

ジョン達はドスラク人兵は王の道を通れば2週間でウィンターフェルに着き、穢れなき軍団は船で白い港へ行って彼らと合流し、そこから馬でウィンターフェルへと今後の計画について話し合っている。

ジョラーが北は敵が多く、襲ってくる者達がいるかもと心配して、デナーリスにドラゴンに乗って向かえば?と提案する中。しかし、ジョンは北の民に同盟者だと示すには一緒に船で行った方がと提案し、彼女は船で行くことにする。

ドラゴンストーン・シオンとジョン

話し合いが終わり、シオンはジョンを呼び止める。お前は子供の頃からいつも正しい事をしていたと話し始める。そんなことはなく、後悔もたくさんしていると返すジョンに、俺ほどではないと言い、彼の言葉を認めるジョン。

いつも正しい事をしたいと思っていたのに、スタークとグレイジョイか選びようがなく、裏切ってしまったと続けるシオンに、ジョン俺たちの父親はお前の実の父親よりぞっと父親らしかった、と言い、彼はまだ俺の中にも、お前の中にいるぞと。

俺にはすべてを許す権利はないが、自分に許せることは全て許すと、彼を許すジョン。そして、ヤーラの事を話すシオンに、彼女を救いたいならなんで今ここにいるんだと言い彼と別れる。

シオンと鉄島の民

ジョンとの会話で何かが吹っ切れた感のシオンは、ドラゴンストーンを去ろうとしている鉄島の仲間の所へ行き、これから女王として誓ったヤーラを助けに行くと言うが、その中のリーダー・ハラグは彼女はとっくに殺されているはずだし、実の姉をお前が見捨てたとシオンに同意しない。

シオンは男と殴り合いになるが、ぼこぼこにされっぱなしだ。男はシオンの股間を蹴るも、一物がない為痛くなく、シオンは彼に頭突きをして倒し、最後は頭を殴って殺す。

そして残った仲間と一緒にヤーラの為にと団結する。

ベイリッシュの最期

サンサとブランは大広間にいる。アリアを呼び、彼女を殺人とスターク家に背いた件で訴えるかと思いきや、ベイリッシュを訴える。

そんなまさか、と焦り始めるベイリッシュにジョン・アリンを殺した件、叔母のアリサを殺した件、スターク家とラニスター家を仲たがいさせたことを訴える。

弁解させてくれと乞うがサンサは聞かず、自分はキャトリンとあなたを愛していたとまた乞うが、それでもあなたは裏切ったとアリアにGOサインを出し、アリアはブランを殺そうとしたあの短剣でベイリッシュの首を一突きし、殺す。

王都・サーセイとジェイミー

軍を北へと手配しているジェイミーにあなたが一番愚か者だと言うサーセイ。彼女はドラゴンの女王の為に自分の軍を出すわけはないと言い、死者を見た後でもまだ考え変えていない彼女は、北の事は彼らに殺し合いをしてもらって、自分たちは生まれてくるこの子為にウェスタロスを取り戻すと言う。

死者が勝てばここに死者が来るし、生者が勝てば裏切者の俺たちを攻めてくると、訴えるジェイミー。それでもターガリエンとスタークは死者との戦いでたくさん死ぬだろうし、3頭いるはずのドラゴンが2頭しかここへ来なかったことを指摘し、ドラゴンに何かあったと勘づく。

それでも、実際ドラゴンと戦ったジェイミーでもサーセイを説得できず、自分ではなく、ユーロンと陰謀(彼はエソッスへ彼女がタイレルの金で買ったゴールデン兵団を連れてくるらしい)していた彼女に呆れる。

更にジェイミーに対し、女王に背いたと言う。ジェイミーはそれならサー・グレガーに殺すように命令しろと言うが、彼女は命令せず、彼はお前を信じないと言い、ジェイミーはラニスターの鎧を脱ぎ、一人馬に乗りキングスランディングを去る。そこには雪が降ってきている。

ウィンターフェル・サム到着

ウィンターフェルに、サムとジリとベイビーサムが馬車で到着する。彼はブランに会いに行き、死者との戦いをするジョンを助けにきたと言う。

ブランはジョンに彼の出生の真実を伝えないとと話す。ジョンはエダードの息子ではなく、レイガー・ターガリエンとリアナ・スタークの子供であり、ドーンで生まれた落とし子だから苗字はサンドだと言う。

それに対し、サムはシタデルで知ったが、ハイセプトンが記した日記にはレイガーとその先の妻の婚姻を無効にし、リアナと結婚した事を話す。

それが本当か確信が持てないブラン。サムに君の力で見えるかと言われ、過去の幻視を見ると、

レイガー・ターガリエンとリアナが結婚するところと、彼女がジョンを産み、瀕死のそこで兄エダードに彼の名前はエイゴン・ターガリエンと教え、彼を守ってねと言うあの喜びの塔のシーンを見る。

レイガーは拉致なんかしておらず、2人は愛し合っており、そしてジョンは落とし子なんかではなく、鉄の王座の後継者だったとわかった2人。ロバートの反乱は嘘の元始まったのだと。


ロバートの反乱相関図

船の中ジョンとデナーリス

その頃、ジョンはデナーリスの部屋を訪れる。それを見ていたティリオン。2人はセックスをする。

ウィンターフェル姉妹

サンサとアリアはお互い励まし合い、父を恋しがる。

ブランの幻視

白目をむいて森で幻視をみているブラン。そこには壁の向こうからホワイトウォーカーと亡者達がやって来て壁の前で脚を止める。それを上から見ていたトアマンドとベリック。

すると、上空を旧ヴィセリオンに乗ったナイトキングが飛んできた。ヴィセリオンは青い炎を噴きまくり、壁を崩壊させる。そして、通れるほどの溝ができたところで、下で待っていたホワイトウォーカー達はずらずらと行進を始めた。

最終回の感想へ続く。シーズン8勢力相関図&ストーリー予想

Game of Thrones全記事一覧


Photo©HBO

 - ゲームオブスローンズ-S7

error: Content is protected !!