We Love Drama ♡

最新海外ドラマ&ときどき映画

This Is Us36歳これから、シーズン1ネタバレ第17話

   

第17話・What Now?

フラッシュバック:メンフィスへ向かう前、ウィリアムは手紙を書いている。ランダルへ渡すポエムのノートもバッグへ入れる。

ランダルは自宅で父がいた部屋でベスと話す。そこでベスは枕の後ろにある手紙を見つける。手紙は、孫娘たちへのものだった。メモリアルを楽しいものにして欲しいと書いてある。

ケヴィンはソフィーと一緒にカフェにいる。どうやらよりがだいぶ戻っているようだ。家族にソフィーとまたデートしていると話そうと提案する彼にソフィーは仕事へ出かける。

トビーと一緒にいるケイト。明日のウィリアムのメモリアルに風船を頼んでいる。

過去:レッベカのツアー初日

レッベカは洋服を選んでいるが、ジャックがまだ帰宅しない事にイライラしている。ジャックは会社でリタイヤする人のパーティーにおり、ミゲルは今すぐ家に帰ってレッベカがツアーに出る前にちゃんと別れの挨拶をしろと言っている。

ジャックは、ツアーは2週間も元彼と一緒で、5つのホテルに泊まり、夜遅くまで歌い遅くにホテルに戻り、と不満を漏らす。が、結局パーティーを途中で切り上げ帰宅する。

ジャックが帰宅。子供達+ソフィーも皆リビングで待っていた。彼女は彼をキッチンへ呼び、どうして今日帰宅が遅れることができるわけ?と怒っている。会社にも電話をしたと。

ジャックは、今は俺を監視してるんだな、と言い返し、レッベカはソフィーとケヴィンを地下で一緒にするな、とか子供3人の事をあれこれ話す。

結局二人の関係はぎぐしゃくしたまま、レッベカは子供達皆にハグをしツアーに出かける。ジャックは彼女のほっぺにキスをするだけだった。娘のケイトににらまれ、あぁわかったよ、ともう一度ちゃんと別れをしようと外へ出るが、車はもう出発してしまった。

ウィリアムのメモリアル

ランダルはメモリアルでのスピーチを何と言おうか考えている。そこにウィリアムの恋人だったジェシーから電話がくる。彼はシカゴに妹といて、葬式には行けないと言うが、彼はウィリアムとの楽しい思い出を彼に話す。

ケヴィンはあのお芝居を台無しにした初日の一件を話しに行く。もう一度初日のチャンスをくれと。

ランダルのところへ彼の会社からフルーツが届く洋梨だ。配達の男性はウィリアムはどうしてる?と聞き、先週亡くなった事を話すと、とても悲しそうで涙を流す。配達男は毎朝ウィリアムの散歩の時に声をかけてくれて話しをしていたらしい。何も知らなかったランダル。

ジャックまたお酒を飲む

ジャクは子供たちを友人の家へ送り、ケイト両親の事を心配する。彼女はどうしてたった2時間の所でやるツアーの初日に行かなかったの?と聞くが、ジャックは夫婦だからいろいろあると答えるだけだった。

ジャックは家で一人テイクアウトの夕飯を食べ、テレビを見ているが、バーへ行き、さっきのリタイヤパーティーの続きに参加する。ジャックはお酒を飲んでいる。そこへ会社の女性が話しかけてくる。(以前ミゲルと仲良さそう話していた女だ)彼女はジャックの脚に手を置き、誘ってる感じだが、彼は君は俺にも君にも恥を開かせてると言い、席を立つ。

ウィリアムの娘ベス

レッベカとミゲルはウィリアムのメモリアルへ向かう為出かける。トビーとケイトはテス達の為に風船を持ってくる。そこへテス達は楽しくやって欲しいとの手紙通り、花火を打ち上げ、誕生日パーティーのような感じで始まる。

ベスは自分が彼の薬を毎日管理していたのに、自分には彼にちゃんとした別れを言えなかったとランダルにこぼす。

メモリアルの席でランダルは僕が話すよりもと、毎日ウィリアムとい一緒にいてくれたベスに、とマイクを向ける。彼女は、何を話してよいかわからないけど、彼が逝ってしまって怒っていると。

涙しながら楽しい思い出を話す。ケイトは聞いてられずに外へ出る。そこへいたのはランダルで、彼女は自分の父ジャックの死を思い出し、2回もこんな思いをしなければならないのね・・と泣く。

ランダルは、昨日ジャックとウィリアムが仲良く笑いながら会話している夢を見たと話す。

歩いている時、レッベカはランダルにウィリアムと初めて会った時の事を話し始める。本当の事を話せば、あなたを失うことがすごく恐かったと言い、でもそれは自己中だったと謝る。お互い愛していると告げ、仲直りをする。

2度目の初日ができることになったケヴィンは芝居を前に控室にいる。そこへソフィーが訪れて勇気づける。彼のお芝居を見る家族。拍手喝采で終わり、楽屋を皆が訪れ彼を誉めるが、ソフィーはピアソン一家を避け、先に帰ってしまった。

ベスとランダルは帰宅しようとするが、ランダルはずっと行っていない会社へ寄ると言う。夜の10時だ。

上司のタイラーと、チームの皆はまだ仕事をしており、そこでランダルは自分はここで10年間働いていて、先週自分の父が死んだのに、自分のアレルギーのある洋ナシを送って来たね、と。そして、添付してあったカードは手書きではなかったと。

そしてランダルはタイラーに俺はこの会社を辞めると言う。タイラーは辞めてどうするんだ?と聞くが、彼は朝散歩をして、配達の人と会話をし、もう少しスローダウンするよ、と笑顔で答える。

ピアソン一家が去った後、再び現れたソフィーに、ケヴィン君の為にNYへ来たんだと言い、その後愛し合う2人。もうあのお芝居はできないが。

エンディング

一人帰宅したベス。郵便物の中に、ウィリアムからの葉書が。”葉書を送ると言っただろう、さよなら、愛するベス。自分の初めての娘へ。Love ウィリアム”と書かれていた。涙で笑顔を見せるベス。

そしてソフィーと同じベッドで寝ていたケヴィン。彼の携帯にロン・ハワード!から電話がかかって来た。彼はMannyの大ファンの姪が訪れてケヴィンの芝居を一緒に見たと。そして彼を褒め、これからロスで撮る映画に出ないかと持ち掛けてきたのだ。

ジャックは子供を預けているところへ電話をし、明日の昼までに迎えに行くと言っている。

ケイトとトビー。ケイトは自分が父の死の事を話せなかったのを覚えてる?と。あぁと返事するトビーに、彼女は父ジャックが死んだのは自分の所為なの、と話す。

ジャックは、ケイトに電話口で、お前が正しかったよ、これからレッベカと仲直りしてくるよと伝える。そしてお酒を飲んだのに車を走らせる。

Photo by: Ron Batzdorff/NBC

シーズン1前半
第1話第2話第3話第4話第5話第6話第7話第8話第9話第10話

シーズン1後半

第11話第12話第13話第14話第15話第16話第17話第18話最終回

 - This Is Us 36歳これからS1-2

error: Content is protected !!