We Love Drama ♡

最新海外ドラマ&ときどき映画

実存するFBIエージェントを元に描いた新作ドラマMindhunterシーズン1感想

   

Mindhunter

Netflix配信の新作海外ドラマ、Mindhunterシーズン1全10話。オンエアされる前にシーズン2の制作も決定している、デヴィッド・フィンチャープロデュース&監督のスリラードラマ。

原作は主人公のホールデンのモデルとなってる元FBIのジョン・E・ダグラスの著書Mindhuter:Inside the FBI’s Elite Serial Crime Unit。1.2.9.10話がデヴィッド・フィンチャー監督エピソード。

時代は1977年、まだ犯罪者に対してのプロファイリングという者が定着していなかった頃。ホールデンとビルは、彼ら犯罪者が犯罪を犯したのは単純にもともと悪だったとかではなく、生い立ちや育ちの環境、生活習慣、などが影響しているのではと思い、シリアルキラー達と面会していく。

主人公

主人公:ホールデン・フォード
実存する元FBIジョン・E・ダグラス:犯罪心理学を調べ、プロファイリングを定着させた人物をモデルに描いている。クリミナルマインドの登場人物のマンディ・パティンキン演じたギデオンやデイヴィッド・ロッシもこの人物をモデルにしたと制作者が述べている。


相方:FBIの行動科学科班の主任のビル
実存した元FBIエージェント、ロバート・ケネス・レスラーを元に描いている。

プロファイリング
1974年当時、設立されたばかりのFBI行動科学課において、チャールズ・マンソン、ジョン・ウェイン・ゲイシー、リチャード・チェイス、エドモント・ケンパー、ジェリー・ブルドス、を初めとする殺人犯たちと対談を行い、彼らの心理分析を行いプロファイリング技術の確立に貢献(それらの対談の様子は、レスラーの著書『FBI心理分析官』に収録されている)。この研究から凶悪犯の犯行原因は幼少期の環境が原因であり、快楽殺人者は更生できないから死ぬまで社会から隔離されなければならないと唱えている。

■ドラマには実際の殺人犯、チャールズ・マンソンやエドモンド・ケンパーなども役で出てくるし、(昔の実際の映像も出てくる)2人が町の警官にレクチャーしに来たときなどに、その町で起きた殺人事件を手伝う事もあり、犯罪ドラマが好きな人には好きなドラマなのかな、と思う。

私は個人的にプロファイリングを生み出し定着させていった過程は興味があるのだけれど、猟奇殺人の写真や描写が苦手なので、3話見たけれどもうやめようかなと思ってる。怖い夢見たし。

Photo©netflix

 - Mind Hunter, ■刑事・クライム・サスペンス

error: Content is protected !!