We Love Drama ♡

最新海外ドラマ&ときどき映画

The Good Doctorシーズン1ネタバレ感想・第3話

   

グッドドクターシーズン1

第3話・Oliver

第3話は、臓器移植。

ショーンとクレアはヘリに乗り移植用の肝臓を取りに行くが、その臓器を手に取るショーンは何かが気がかりだ。ヘリは天気の変化で帰りは乗れず、(ショーンはパイロットが伝える前に、天気の事までわかる)パトカーで行くことになるが、サイレンのピカピカライトを見ては自身のフラシュバックに捕らわれる。

弟が死に、興奮しパニックになりパトカーから出られない。クレアは彼がパトカーのライトが気になるようだとわかり、消してもらうと我に帰るショーン。

途中、レントゲンには何もないが、触ると臓器に血栓があるはずだとわかったショーンは今すぐ血栓を取り除かないと使い物にならないと言い、クレアと2人で道路の真中で他の車を止めて作業をする。

そして、また臓器の容器の温度が上がってしまいすぐに氷で冷やさないといけなくなるが、立ち寄った店には氷がなかった。冷凍食品で冷やそうとクレアだが全く下がらず、青いシェイクの飲み物を見つめてはまた過去へフラッシュバックするショーン。

警察署にいる間、警官が青いドリンクをくれた。

クレアが何を質問しても答えないショーンだが、質問をしないと自分の意見を返してくる。自分は質問をされるのが好きじゃないと言うショーン。そして青い冷たいドリンクなら下がると言い、それを容器の中へ入れてみると温度は下がった。

臓器提供者の名前はオリヴァーだ。

病院:臓器移植を受けるはずだった男性は娘の大学の卒業のお祝いでシャンパンを1杯飲んでしまった。この家で大学を出たのは娘一人だから、と。しかし、それが原因で移植はできなくなってしまう。

そして、フラッシュバック。14歳のショーンをアーロン医師が引き取る事になる。何も食べようとしない彼の前に医療書を置くと食い入るように読み始める。

現在、2人は病院のカフェテリアで一緒にパンケーキを食べている。

■質問さえるのが嫌い
■第2話で隣人が電池を貸してくれといわれ貸してあげたショーン。帰宅後、彼女のドアをノックし貸した電池を返してくれということができ、そして名前も聞けた。恋愛関係に発展とかするのかは検討つかず。
■ショーンとは別話で院長やマーカス、副院長などの権力争いや派閥もあり。

 - The Good Doctor

error: Content is protected !!