We Love Drama ♡

最新海外ドラマ&ときどき映画

Channel Zeroシーズン2・ネタバレ感想第5話

   

No-End House・第5話あらすじネタバレ

The Damage

シーズン2も残り1話。

前回の最期でマーゴットの父が現実の世界へ来てしまった。マーゴットとジュールズはマーゴットの家に帰りひと段落。ジュールズは、彼女の父が亡くなって彼女が喪失している時は助けになれなかったけれど、今はここにいるから、とマーゴットに伝える。

マーゴットは母と電話をするが、やはり現実世界でも何日かいなくなってることになっており、母は勝手にいなくなって心配したと言われている。そして、父が死んだのは借金の為家とあなたの大学の学費をどうにかする為に、死んで保険金を残したのよと真実を教えられる。

ジュールズは音を聞きつけ玄関に行くと、セスがいた。彼は騒ぐ彼女の口を押さえ、家の中にあいつがいるんだと教える。マーゴットがソファで昼寝をしている時父がやってきたのだ。記憶から生まれるあの赤いゼリーのようなものを食べていないから空腹で目がギラギラしている。

彼は娘の頭を触り、記憶を盗み、(盗んでいるのかシェアしているのかは不明)出現して黒い水たまりの中から飼っていた子犬が出現。その中身を(赤いゼリー玉)むさぼり食う父。そしてそこをジュールズとセスが殴る。

マーゴットも起き、かうかくしかじかで父を地下室へ監禁する。父を殺すしかないとなり、まだ空腹の父に、犬のゼリーの中に父のアレルギー反応を起こした薬を混ぜておびきよせ食べさせる。

喜んで食べた父だったがやはりアレルギー反応で苦しくなり、顔は腫れ始めたが死ぬまでにならず、そこで母が自宅へ帰って来る。父は母とセスを襲い、2人とも意識不明に。逃げるマーゴットは記憶をまた奪われ始める。そこへ起きたセスが止めさせよとするが、セスは殺されそうになり、朦朧とするマーゴットは遂に自分はNo-End House戻るから、と父を止める。

父とセス、マーゴットは3人でNo-End Houseのところまで歩き、家の前まで来る。

ジュールズはマーゴットの家に戻るがそこにはマーゴットの母が読んだ警察が来ており、自分もNo-End Houseの方へ必死で走るがNo-End Houseはもうそこにはなかった。一方

■ジュールズのマーゴットへの話し方を見ていてこれは彼女に親友としてではなく、恋愛感情があるのか?と疑問。だからと言って、あと1話の話の展開に関係がなさそうにも思えるし。

■父がマーゴットを娘として愛しているのは良く分かるが、マーゴットがNo-End Houseへ来る前は一体何を食べていたのだろと疑問。

■大体、あの赤いゼリー玉みたいのは何なのさ。No-End Houseが死者の世界だとしたら、随分簡単に行き来できるわけで。
■大体、No-End Houseは誰が何のために作ったのかを教えて欲しい。最期の最期で全部夢だった、というのだけは絶対に止めて欲しい。

第6話最終回

 - Channel ZeroーS1-2

error: Content is protected !!