We Love Drama ♡

最新海外ドラマ&ときどき映画

ヒュー・ロリー主演ドラマ:Chanceシーズン2感想

   

Chanceシーズン2

ヒュー・ロリー主演のドラマ、Chanceのシーズン2が始まり、第1話と2話を見たけれど、なんだかなぁと言う感想です。シーズン1の途中でもなんだかなぁと思って似たような記事を書いてるんですが、やはりHOUSEのヒュー・ロリーが良かったので、このなんか冴えない役に満足がいかない。

キーファー・サザーランドの宿命の大統領に、24のジャック・バウアーを期待してしまう心境に似ている。ヒュー・ロリーが全ての演技において、私には同じ表情に見えるのが難。

HOUSRは医療ドラマとしてもとても面白くて、他の役者もとても良く、ハウスの人間関係や薬中毒や他の人間関係も、医療ケースも毎回楽しめた。このChanceも本人は神経精神医学医で、酷い事件や事故に遭った患者のトラウマを診ている。

だけど、毎回診ている患者の症例みたいのも映されるんだけれど、それよりも気弱で普通のおっさん医師だったチャンスがだんだんと良い行いの為なら暴力もいとわない、みたいな考えに流されつつあるところが主要トピックで、シーズン1から友人なるDというキャラと一緒に行動を共にしている。

シーズン1から続く、恋愛に発展した女性患者もおそらく今後出てくるはず。そして、いまいちのめり込めないのが、このD(イーサン・サプリー)というキャラで若干うざい。

と、のめり込めないドラマなんだけれど、Mr.MercedesもThe Sinnerも終了してしまったし、Channnel Zeroも終わってしまうし、しょうがないから続けて見ようかなぁと思っているドラマです。

 - Chance

error: Content is protected !!