We Love Drama ♡

最新海外ドラマ&ときどき映画

The Good Doctorシーズン1あらすじネタバレ・第4話

   

グッドドクターシーズン1

第4話・Pipes

夜中。シンクの水道が壊れている。自分で直そうとするが、自分のドライバーが見つからずに半パニックに。アーロンが助けに来てくれて、なんとか大丈夫に。

今回の医療ケース:大きな腫瘍のある妊婦と18歳のポルノ女優

フラッシュバック:ポルノ雑誌を読んでいた弟との会話を思いだしていた。が、バスで自分のバス停に降りるのを忘れてしまい、車で通りかかった隣人に声をかけられ乗せてもらう。

妊婦の腹部の腫瘍を取り除く手術、1回目は切ったあと心臓発作を起こし中断。ニールは院長たちとどうするかを会議するが、ジャレッドが一つ方法があると考え、初めに一度心臓をわざと止め、そして腫瘍を取り除く案でもう一度やってみることになる。

ポルノ女優:膣に大きな腫瘍が見つかり、もう打つ手はないと思えたが、ショーンが太ももの感覚は少し失うが、腫瘍を取り除ける手術案を提案し、無事成功。

胎児を一度取り出し、巨大な腫瘍を取り除き、胎児をお腹に戻す。手術は成功し、母子ともに無事だ。

二つの手術が無事成功し、ショーンはジャレッドとクレアに飲みに誘われバーで昔を思い出す。それはショーンに気があると言ってきた学校の女の子が自分のを見せるからあなたのを見せてと言われるが、彼は断り、キスはしたいとショーンが言ったところ、たくさんの学校の同級生たちがからかいにやってきた。

彼女の言ったことは全て皆と企んだからかいの芝居で、弟がやってきてその場を助けてくれるが、嫌な思い出だ。

■ショーンが興奮して怒ったり、少し不機嫌になったり、自分を制御できない演技がうまい。

■案の定、保護者代わりの院長アーロンは自閉症のサポートを彼のために考え始めるが、ショーンは自分にはいらないと拒否。

 - The Good Doctor

error: Content is protected !!