We Love Drama ♡

最新海外ドラマ&ときどき映画

ケヴィンのストーリー:This Is Us36歳、シーズン2第8話ネタバレ感想

   

This Is Us36歳シーズン2

第8話・Number One

過去

自宅にケヴィンへのアメフトの強豪大学からスカウトのコーチがわざわざやってくる。

生意気な態度を取り続ける息子ケヴィンにしびれを切らし、コーチが帰った後怒りを爆発させる。お前が得たのがどんなに幸運な事か、と言えば、幸運ではなく才能だと生意気を続ける。

ジャックは今すぐお詫びの手紙を書けと言い、さっきのお前の態度は恥さらしだと父は失望している。

その夜、ジャックは怒り過ぎたことを謝り、何か問題でもあるのかと聞くが何にもないと答える息子。

翌日:ランダルの大学ツアーに一緒に行かなければいけないジャックは今日のケヴィンの試合を見に行けない。その後、試合で膝をケガしたケヴィン。ジャックも駆けつけ、医師から言われたことを息子に伝える。選手生命が終わった事を。

そして、父は自分のネックレスをこれはベトナムでもらったブッダのシンボルで自分を見失ってた時にもらったんだ、と教え、彼に渡す。彼が生まれた時、初めてケヴィンを抱いたときのことを話し、お前も必ず目的を見つけられると勇気づける。

現在

ケヴィン。髭は伸ばしっぱなしで昼間からホテルの部屋で酒を飲み、薬を飲む。(痛み止め中毒)卒業した高校から電話があり、ピッツバーグへ訪れる。車での移動中、薬を服用。そしてむかし住んでいた燃えた家にも立ち寄り、(今は新しい家が建っている)昔を思い出す。

彼にアメフトを教えたコーチがスピーチをし、聞きながら父を思い出すケヴィン。最後に皆君を誇りに思うと言われ、今度は彼がスピーチをする番だが、自分は強くなく、この賞に自分は値しない悪い顔色で話す。が、それでも良いスピーチだったと拍手を受ける。

その後、酒を飲みながら、アメフトのフィールドで過去の試合を思い出しながら自分のやってきた人生をニュースキャスターのように一人話し続ける。そして次には同級生でもう一人の受賞者の女性シャーロットと彼女の家でセックス。

整形外科医の彼女。彼女が部屋を出たとき、処方箋の紙を1枚盗む。薬局へ行き、自分で書いた処方箋を渡そうとするが、父がしていたネックレスがないことに気付く。

シャーロットの家に戻り、ネックレスがないんだと泣きながら叫ぶが、彼女は勝手に出て行った彼に腹を立てており、相手にしない。その場へうずくまり、助けが必要なんだ・・と泣く。

翌日、ケヴィンはランダルの家へ。顔色悪く、髭ぼうぼうの兄。話すことがあるというケヴィンに、ランダルはもう知ってるんだ、ケイトが流産したんだ・・、と。ケヴィンはそのことを知らず、言葉が出ない。

■最高にドラマクイーンのケヴィン。
■ケイトが流産。次回はケイトの話し。
■ジャックが一番良い奴だ。

 - This Is Us 36歳これからS1-2

error: Content is protected !!