We Love Drama ♡

最新海外ドラマの相関図あらすじネタバレ

遂に❍❍の理由判明:This Is Us36歳シーズン2第13話あらすじネタバレ

   

This Is Usシーズン2第13話

That’ll Be the Day

結構だらだらと重要な過去の秘密を明かさないThis Is Us36歳も残りあと5話。シーズン1の最終回で火事が起こりジャックが死んだことがわかりましたが、今回の話でどうして火事が起こったのかがわかります。簡単に現在と過去のあらすじネタバレを。最後の5分、音楽とフラッシュバックと、ジャックの想いと、ドラマティックなエンディング。

20年前:過去

ジャックは妻に、やっぱり夢を諦める事は出来ないから、少しずつでも始めてみようかと思うと告げ、レッベカはその案に賛成する。

ケイトはファイナルオーディションへの歌の練習をしているが、父は勝手に後ろからビデオを撮り、娘を怒らせる。謝るジャック。

その日はスーパーボウルの日曜日で、ケヴィンはジャックと喧嘩をして家にはおらず(喧嘩がケヴィンと父の最期の会話)、ランダルは彼女とタイタニックの映画を観にデートへ行き、ケイトは友達の家へ行き、ジャックは今までのように全員でスーパーボウル(結局これがジャックの最期のスーパーボウルになる)を見れないのを残念に思っていた。ケイトとは仲直り。

試合を見始める前に、新聞の広告で家を見つけ(リフォームする)ジャックはレベッカにビッグスリーホームズのパートナーにならないか?と言い、彼女は快諾。

ソフィーの家からケヴィンは家に電話をかけ、レッベカがとり、さっき二人にひどいことを言った事を謝る。父とは話さなかった。(いろんなわだかまりが残ってしまったままジャックが死んだんだね)レッベカはTVを見ているジャックにはあえてそのことを言わなかった。

現在

ランダルは買い取ったアパートの修復に大張り切りで、それをケヴィンも手伝う。トビーはまだ2人の子供がいないので、その代わりに犬を飼いたいらしい。

ランダルは自分の父は建設業をしていたんだから俺にもできる、とベスを説得し(ベスはランダルのペースにあきれ顔)、住人の細々した家の部屋を修復までも請け負う。

ケイトはシェルターから犬を養子にしようとしたが・・・(過去のケイトと飼っていた犬のフラッシュバックが映る)結局トビーの為に犬を持ち帰る。トビー大喜び。

ケヴィンとソフィーは別れ、彼が帰宅すると父からもらったペンダントが封筒で届いていた。(同級正が見つけて送ってくれた)

エンディング

寝ていたジャックとレッベカ。ドアの音がして、ランダルが帰宅。キッチンへ行き、ランダルは今日のデートで初めて彼女とちゃんとしたキスをしたと父に話す。ジャックはキッチンを一人で片付け、ケヴィンにメモを残す。ケヴィンへ、もし明日の朝自分が仕事に行く前にお前に会わなかったら、I love you, 謝れよ、と。それをドアに貼っておく。

犬はキッチンにおり、ジャックは子供たちの身長の高さを刻んだ壁を見つめる。そして、年老いた夫婦にもらった炊飯器。ジャックはそれをオフにして二階へ行ったが、それが誤作動し、ショートし、火が出始め、カーテンに燃え移り、キッチンはどんどん燃えていく。画面には今までの家族みんなの幸せな瞬間のフラッシュバックが。

ケヴィンへ書いたメモも燃え、火は階段のほうへと移っていた。

■ケヴィンは喧嘩をして父に謝れなかったまま父に二度と会えなくなり、レッベカはケヴィンからの謝りの電話をジャックに伝えなかったこと、ケイトはきっと犬を救いに行ったから(救いにいったかどうかは憶測)父が亡くなったから、みんな修復のきかない過去から進めていないのかしら。

■火事で死ぬのはジャックじゃなくて、レッベカだったならば、と。大人になった3人とジャックの奮闘を見たいと思ってしまった。ジャックの厳しくも優しい感じがステキなんだなぁ。
必見第14話

 - This Is Us 36歳これからS1-2

error: Content is protected !!