We Love Drama ♡

最新海外ドラマの相関図あらすじネタバレ

実話新作ドラマWaco:ウェーコ・第1、2話感想

   

ウェーコ:Waco

ブランチ・ダビディアン

自分の中での今シーズンの1番のヒットドラマ、Waco.ミニシリーズで全6話のブランチ・ダビディアン本部爆発炎上事件の実話のドラマ。

概要は1993年にテキサスのウェーコで起きた事件で、FBIとATF(アルコール・タバコ・火器及び爆発物取締局)と宗教グループの話。主人公演じるテイラー・キッチュも、FBIやATFの役を演じる俳優もとても良い。この役の為に15キロほど減量し、ギターの弾き方も練習したそう。

しかも、元は実話なので、実際に起きた事件の詳細も興味深く、2話見たところ今一番次を見たいドラマ。

テイラー・キッチュ演じる主人公はデイビッド・コレシュと言って(元はバーノン・ハウエル)、ブランチ・ダビディアンの宗教団体のカリスマ教祖で、自分を最後の予言者として信じている者。彼ら独自の施設に100人位の信者と一緒に生活をしている。彼は何人もの妻がいて、(実際に結婚しているのは一人)12人以上の子供がいたと言われる。産まれた子供達に虐待をしてたと言われているが、その描写はまだTVでは描かれていない。

始めの2話は、FBIと軍隊との51日にも及んだ攻防戦が起きるまでの話で、2話のエンディングで彼らの教団本部施設(マウント・カルメル・センター)にFBIの車が向かって行ったので、恐らく第3話から戦いが始まるのだろうけど、彼らも一般人なのに凄い武器を不法に隠し持っていて、ジョン・レグイザモ演じるATFの一員が一般人のふりをして施設へ偵察に行った際の緊張感や、FBIへのやり方に不信を覚える人間の葛藤などが、とても面白い。

ホラーばかり見ているけど、ホラーも良いけど、やはりFBIとかCIAとかが出てくる話も面白いわ、と真剣に見た。Alinistとかのジャンルはあんまり好きじゃないなぁと再確認。警察ものドラマが好きな人にはおすすめ。

第3話感想第4&5話エンディング感想第6話最終回ネタバレあらすじWacoドキュメンタリー

 - Waco:ウェーコ

error: Content is protected !!