We Love Drama ♡

最新海外ドラマの相関図あらすじネタバレ

ザ・テラー極北の恐怖:第1&2話ネタバレ含む感想・究極に面白い。

   

ザ・テラー 極北の恐怖ドラマ

The Terrorドラマ

ダン・シモンズ原作のThe Terror、邦題:ザ・テラー 極北の恐怖のドラマ化。全10話でプレミアで2話を放送。2隻の艦隊、エレバスとテラーが実際に行方不明になっていたが、2016年に両方とも残骸が発見されている。原作を読んでいない自分は比較はできず、原作に忠実に表現されるのかはわからないけれど、出演者も映像も、人間関係ももの凄く面白かった。今シーズン一番のドラマかも。

大西洋から北まわりで太平洋に抜ける北西航路。その最後の部分を発見すべく、1845年5月、探検隊長のサー・ジョン・フランクリン率いる二隻の英国艦“エレバス”と“テラー”は出航した。だが、当初は順調だったものの、翌年9月には北米大陸の北で両艦は氷に閉ざされ、身動きできなくなってしまう。想像を絶する寒さの中、生き延びる道を探るフランクリンたちの前にやがて巨大な白い怪物が現われ、激烈な闘いが始まる。

第1話:Go for Broke:航路を求めて、第2話:Gore:流血。

サー・ジョン・フランクリン役に(エレバスのキャプテンでこの2隻の総指揮者)にキーラン・ハインズ、彼の直属部下にトビアン・メンジーズで、そして、ジャレッド・ハリスがテラーのキャプテン、フランシス役。

このフランクリンの役が超恰幅が良くて、威厳が有りはまり役。そして他の役も、彼等の指示を聞き働く下っ端の人々もとても面白みがあって、そしてセリフや映像、ミステリアスな個所もあり、はまった

ドラマの物語の進め方は時期が行ったり来たりし、過去のフラッシュバックなども現れる。第2話で出て来た巨大な熊のような怪物に一人殺された。そして、原住民も出てきて、面白いのが、幽霊みたいなのも出てくる。

そして何より、白い氷の中にただ立ち止まる二隻の艦隊。自然には勝てないでしょ、無謀でしょ、と思うのと、船の上での偉いフランク達の服装と下っ端の人間たちの服装や食べ物の違い。

本のレビューを読んでみると、あの白い怪物がずっと出てくる模様だけれど、ゲームオブスローンズみたいに面白いわと思った。シーズン2も制作して欲しいわ。

第3話ネタバレ感想第4話第5話
ネタバレなし登場人物相関図
原作のネタバレ含む登場人物詳細相関図

ドラマ邦題:ザ・テラーAmazonプライム・ビデオ

で配信中。

 - ザ・テラー(極北の恐怖)

error: Content is protected !!