We Love Drama ♡

最新海外ドラマの相関図あらすじネタバレ

新作ドラマTrust・あらすじネタバレ感想第1話

   

Trustシーズン1第1話・The House of Getty

ジョン・ポール・ゲティ3世

今月始まった、アメリカドラマ、1973年に実際に起きたジョン・ポール・ゲティ3世の事件のストーリー。

映画、リドリー・スコット監督の”ゲティ家の身代金”と同じ題材。

ドラマでは、ドナルド・サザーランドが石油王のゲティを演じ、そしてビジネスの跡取りとなる長男がストレスで自殺をし、残りの3人の息子は使えず(使えないというかビジネスよりは映画やアートの方向へいっている)、自分のレガシーを悲観するゲティ。

しかし、ゲティ・ジュニアの息子、ゲティ3世が放浪生活からひょんと帰って来たところから物語は始まる。まだ16歳の3世は父にはどうせ金が欲しくて帰って来たんだろと相手にされない。しかし、ドナルド・サザーランド(=3世のお爺ちゃん)と美術の話ができる3世は、祖父の関心を買い、3世を跡取りとする予定だとパーティーの場で皆に話す。

それをジュニアは気に入らず、自分の息子3世が放浪生活で実はドラッグとアルコール三昧だった事実を知り、ゲティはこいつもかと失望し、執事にローマ行きのチケットを渡させ3世へのビジネスの話は白紙になる。

その後、ローマにわたった3世はマフィア関係の男に誘拐される。

感想

プレミアは1時間の長いエピソードだったけれど、もうドナルド・サザーランド演じる超富豪のゲティがもろはまり役。パンツも自分ではかないし、歯磨きも執事にやらせる。そして、4人の彼女を家に住まわせハーレムを作っており、やる相手は自分で選ぶ。初老なので医師の助けなども必要。

女4人は仲良く暮らしている感じだけれど、自分がゲティの一番の彼女だと言い、ゲティ家の全てを取り仕切る執事は実はゲティ家を嫌っている様子もエンディングで映し出された。

ゲティ家の富豪っぷりが見ていて面白いのと、実話にドラマ様の脚色が加えられているのでさらい面白い。ゲティ3世は俳優のバルサザール・ゲティの父親。ザ・テラー 極北の恐怖に続き、楽しみになる今シーズンの新作ドラマになりました。

 - ■刑事・クライム・サスペンス, ■新作海外ドラマ

error: Content is protected !!