We Love Drama ♡

最新海外ドラマの相関図あらすじネタバレ

ザ・テラー/The Terrorあらすじネタバレ第6話

   

ザ・テラー第6話

A Mercy /氷上の宴

士官たちは残りの食料が少なくなってきている事を知り、春になったら船を捨てて歩くかもしてないので、ジェームズは缶詰は運べるので他のものを先に食べるように指示する。乗組員には口外しないように注意する。

ジェームズはブランキーに”ジョン・ロス”の事を聞く。彼との航海時にどうなったのかを。キャプテンのロスは船を捨てた後、皆で歩き始めたが、病人には冷酷で自分はソリに座っているまま。食料もなく、士官は温かい服に缶詰の食べ物があり、乗り組員は酷いものを食べたと。そして極限に陥ると頭がおかしくなり、酷い妄想をするようになると。

しかし、多くの人間が生還したことを指摘するジェームズ。ブランキーは大勢が正気を失ったのに、ロスは気が付かなかったと。(ロスは何話か前のフラッシュバックでフランクリンに嫌味な態度を取っていた上官。ゲームオブスローンズのブラックフィッシュ)
 
ジェームズはブランキーの話を聞き、皆を活気付けようとフランクリンの私物の舞踏会ようのマスクなどを見て、宴をしようと思いつく。(こんなもの船に乗せるくらいなら食料つもうよ)

ジョブソンの母

ジョブソンがベッドに横たわるフランシスの面倒を見ており、彼の母が昔アヘン中毒になった話を聞く。ジョブソンは母をどうにか解毒させることができたが、フランシスがその後どうなったのかを聞くと、あなたは大丈夫ですよ、とその事には返さなかった。

ヒッキー

ヒッキーはトゥンバックにやられ、脳味噌丸出しででもまだ生きている乗組員の脳味噌を素手で触っている。猿は相変わらず缶詰を食べており、グッドサーはそれを観察。

ヒッキーは愛人に船の在庫を数えていたという話を聞く。そして、皆はジェームズから宴をするという知らされ喜ぶ。

グッドサーとスタンリーー

コリンズは、頭がだんだんおかしくなってきていることをグッドサーに相談しようとしたが、おらず、スタンリー医師に話す。しかし、息抜きが必要だからと、今夜の宴を楽しもうとアドバイスをするだけだった。スタンリーーは紙に娘の絵を描いていた。

遂に猿がおかしくなり死に、乗り組員と同じ歯茎の変色を見て、グッドサーは上司のスタンリーに、缶詰の鉛をずっと食べ続けた所為で皆具合が悪いことを報告するが、スタンリーは士官達には知らせるなと返す。反論するグッドサーだが、決めるのは君ではないと返される。

レディ・サイレンス

レディ・サイレンスはアシカの肉を食べ、そして自ら自分の舌を切りとり、トゥンバックに捧げる。

狂気

宴が始まり、どんちゃん騒ぎをする皆。まだ具合が悪いが、フランシスはジョブソンと一緒に宴の場所へ行く。スタンリー医師はじっと宴を見ている。

かなり悪趣味なこの宴。ジョブソンは船に帰ることを薦めるが、そこでフランシスは船を放棄して陸路を歩いて帰ることを皆に話す。

フランシスが皆に話している間、スタンリーは酒樽から酒を出し、そこいらじゅうにばらまいている。そして、出口を塞ぐ。レディ・サイレンスは血を流しながら宴の場所まで歩いてくる。

テントの外でション便をしていたヒッキーは中に入れなくなり、その瞬間テントの中か炎が出始めた。何事かと言う表情のヒッキー。そして、血だらけサイレンスに気を取られている間、フランシスはスタンリーが彼の体にアルコールだが灯油だかを頭からかかけようとしているのを発見する。

彼を止めさせろと、叫ぶがスタンリーは火を付け自殺。そしてテントの中も炎が回り、逃げ道がない。外にいたヒッキーは押されるテントを切るから皆下がれと叫ぶが聞こえず、仕方なくナイフでテントを切り裂き(その際一人の人間を切ってしまう)皆を助ける。

感想

■スタンリー怖っ。超普通そうだったのに、コリンズが話をしたときは既に頭がいかれてたのか、コリンズの話と缶詰の話を聞いて、後はもうないと思ったから士官には話さずに、皆を殺そうとしたのか。

 - ザ・テラー(極北の恐怖)

error: Content is protected !!