We Love Drama ♡

最新海外ドラマの相関図あらすじネタバレ

銀行強盗映画:Den of Thievesデン・オブ・シーヴズ感想ネタバレ

   

デン・オブ・シーヴズ

原題:Den of Thieves

米国公開:2018年1月
日本公開:2018年秋予定

ジェラルド・バトラー主演のDen of Thieves.大体の概要は、彼はロサンゼルスで働いている刑事ニック(ビッグ・ニック)。愛する娘と妻がいたが、浮気がばれ、離婚。そして銀行強盗グループをマークし、逮捕するというのが大筋。ロサンゼルスは世界で一番銀行強盗が多い町。

気弱そうで、人が良さそうなバーテンダーでもあるドニーはメリーメンから車の運転技術を買われ、自分達と一緒に働けとリクルートされ、メリーメングループと一緒に難しい銀行強盗を実行することになる。

ニックのマークした銀行強盗は元海軍のエリートで刑務所から出て来たばかりの男、メリーメンがリーダーを務めるグループ。ニックが率いるメンバーは彼等らの一員ドニーを捕らえ、次に起こす銀行強盗の経緯を脅しながら聞き出す。

ネタバレ

※エンディングのネタバレ

ドニーの供述を信じていたニック達はだまされ、メリーメン達が小さい銀行の地下道を通り、違う場所へ行き、違う巨大な銀行へ銀行強盗を実行していることに気付く。メリーメン達が人質を殺した銃声を聞いたが、実は殺されていなかった。

ニック達はそちらへ向かい、その途中彼らはドニーを捕まえる。メリーメンとその仲間は捨てられるはずの金(銀行でどうしてもつじつまが合わない金が毎日捨てられるらしい)を取り、車で逃走しようとしたが、渋滞にはまり、ニック達刑事メンバーと激しい銃撃戦に。

結果、メリーメン達は死亡、ニック達も刑事を一人失う。(メリーメンは残り一人になった時、もう銃に弾が無い事に気づく。そのまま降参もできたのに、ニックに拳銃を向け、撃たれて死亡:本当はなんか良い奴だったんじゃないかと)

車に手錠をしてあったドニーは逃走しており、メリーメン達の車の中にあったバッグの中身は金ではなくただの紙屑だった。

一方、イギリスロンドンでは、バーでドニーはバーテンダーをしており、その他一緒に銀行強盗をしていた男達もそのバ―で客として飲んでいる。

その後、ニックはドニーが働いていたロスのバーを訪れ、壁に飾ってあるドニーとその仲間たちの集合写真を見つける。ドニーがニックに話した(メリーメンからスカウトされたのは嘘で、)実はドニー率いるグループがメリーメンに話を持ち掛けていたシーンが映る。

感想

ジェラルド・バトラーが役柄なのかマッチョというかデブというか、カッコ良くなかった。その代り、パブロ・シュレイバー(リーヴ・シュレイバーの異母兄弟)演じるメリーメンの方がカッコ良かったな。最後の銃撃戦とその後の逃走シーンは見ごたえあり。この人どんどんと映画にドラマに引っ張りだこになるはず。

パブロ・シュレイバー演じるOrange Is the New Black看守の相関図

私は最後までメリーメンが覆面刑事だと読んでいたんだけれど、ドニーがキーでした。

 - ■新作映画・感想など

error: Content is protected !!