We Love Drama ♡

最新海外ドラマの相関図あらすじネタバレ

侍女の物語シーズン2あらすじネタバレ第3話

   

The Handmaid’s Taleシーズン2

第3話・Baggage

グローブ社のビルの中をジョギングするジューン。彼女が作ったメモリアルの壁を眺める。新聞をよ読み、記事を切り抜き壁に貼り、、昔母が少女のジューンを性暴力に対する集会に連れて行ってくれたことを思い出す。ニックはジューンに違う安全な場所へ移動すると伝える。

トラックがやって来て、運転手の男はジューンを違うところへ連れて行けと言われたと言う。荷台に隠れながら出発する。

モイラ・カナダ

一方カナダにいるモイラもジョギングをしている。ルークともう一人の女性エリンと3人で暮らしている様子。モイラは新しくここへやって来た人たちへ案内するまでになっており、憂鬱そうにやって来た男性は自分は軍にいたと話し始める。

逃走

運転手はどこ工事現場のような場所へジューンを置いて行き、誰かが車でここにいてとトラックで去る。倉庫のようなところ待っていると、一人の黒人の男オマールが迎えに来る。カナダに飛ぶために飛行機へ乗る為そこへ連れて行くと言う。

バンに乗って行こうとしたとき、オマールの携帯が鳴り、何やら彼女を連れて行けない事になってまい、ジューンを置いていく。彼女はバンの前へ立ちふさがり、置いていくなと動かない。オマールは仕方なく彼女を車の中へ入れる。

翌朝、オマールの運転する車はどこか大きな建物へ着く。オマールは見つからないようにそっとジューンを中へ連れて行く。そこはオマールの家族が住んでいるアパートで、子供もいる。オマールの白人の妻はジューンを見るなり顔が硬直。夫になんで連れて来たんだと言っている。

オマールの妻は元侍女のジューンがここへ来たことで自分達も脅されると怒っている。息子のアダムとオマール夫妻は教会で行くようだ。2時には戻ると言い、ジューンは一人留守番だ。

誰かがドアを叩き、ベッドの下に隠れる。何事もなかったが、彼女はベッドの下である日記を見つける。5時になっても帰ってこないオマール達。

フラシュバック

ジューンとジューンの母。老いた母はまだ集会に出ている様だ。母は娘の記事を書く仕事を好きでないようで、そして男の為に人生を捧げるなとルークと結婚しない方が良いとも言う。ジューンは男の為でなく、ルークに、と返すが母は結婚に反対だ。

モイラとジューンがまだ侍女だった頃のフラッシュバック。リディアは地球は神に与えられた場所なのに、人間たちが汚くしたと話しながら、働く女性達の写真を見せながら話している。そしてそこにはコロニーのような場所で労働させられているジューンの母の写真が写る。息を飲むジューンとモイラ。涙を流すジューン。

オマール達が帰ってこない(ジューンに関わりたくないからを置いていった)とわかったジューンは行動にでる事にし、オマールの妻の服を着て、ビルを出る。外には銃を持ったガード達がいる。オマール妻の服装は制服のように他の女性達とほとんど同じなので、護衛も気づかず、ジューンは皆が歩く方へと一緒に歩く。

女性達は駅に着き、電車に乗りる。(電車の中にも護衛)終点に着き、皆から外れ、森の中へ逃走を始めるジューン。オマールの家から持ってきた地図を見ながら、森を彷徨う。そして娘ハンナと一緒に逃げ引き離されたこの森を思い出し、膝をつき落胆する。

が、今はとにかく逃げなければと森を抜け、畑を抜け、オマールの話していたセスナが止まっている場所へたどり着いた。ジューンを運ぶ予定の一機のセスナが来て、カナダへ飛び立とうとしたとき、銃撃に合い、ドライバーは処刑、そしてジューンも機体から引きずり降ろされる。

感想

そう簡単にカナダには行けない事はわかっていたけど、次回からジューンはまた酷い目に遭うのかな。どこに行くのかな。怖いわ。ジューンの母、ホーリーはまだコロニーにいるのか。第4話

 - 侍女の物語シーズン1&2

error: Content is protected !!