We Love Drama ♡

最新海外ドラマの相関図あらすじネタバレ

残り2話・Westworldシーズン2あらすじネタバレ・第8話

   

ウェストワールドシーズン2

第8話・Kiksuya

第8話はずっとゴーストネイションの長Akechetaのストーリーでした。エピソードタイトルのKiksuyaは彼等が話す言語Lakota語で、思い出す、呼び戻すなどだそう。

簡単に話すと、アケチェタもメイブやドローレスなどと同じく、今までのホストの過去を覚えており、ゴーストネーションの長になる前は、同じ部族のKohanaと言う名の恋人がいて2人は愛し合っていた。

が、彼は教会付近で銃声を聞き、偵察に行くとそこにはワイアット(ドローレス)の仕業でドローレスやバーナードの撃たれ死に倒れているホストだらけの現場に出くわす。中に入ると、そこにはお酒と”メイズ”があった。メイズに魅了され始める。

静かな部族の男から、パークでは彼をストーリー変更でゴーストネイションの男に帰る。が、部族との物々交換でKohanaを見かけた彼は自分が彼女と恋人だったことを思い出す。

アケチェタは荒野の端で死んでいる馬と、一人の人間を見つける。ローガンだ。彼は裸でぶつぶつ独り言を言い、自分はこの世界にいるべきじゃないなどとアケチェタに言い助けてくれとお願いするが、彼はブランケットを彼にかけてあげるだけだった。

そして更に彼は、更に端の彼方に大きな工事中の場所を見つける。違う世界へ行くドアだ。

彼は部族のテントに忍び彼女を密かに誘拐し、自分達は恋人で、ここの世界は間違っていると言い、彼女も昔のメモリーを思い出す。が、翌日パークの人間に彼女は連れさられてしまう。

彼女を取り戻そうと、彼は人間のゲストにわざと刺され死んだことにする。思惑通りに修理する建物メイサへ入る事ができ、死んだふりをし、人間たちが部屋を出た際にKohanaを探しに行く。

が、彼が見たものはホストが裸で立ってただ待機しているもので、返事もなにもしないKohanaを見つけ涙する。

更に彼はフォードがゴーストネイションの頭を剥いでいるのに遭遇し、彼と会話する。というストーリーをLakota語でずっとメイブの娘に語るエピソード。

メイブ

そしてエミリーが不ゴーストネイションのキャンプを訪れ、Lakota語で彼らに自分の府があなた達より彼を痛めつけるからと、黒服の男を連れて行く。

一方、メイサではサイズモアが技術者に撃たれて動けないメイブを安定させてくれとお願いする。彼女は保ホストをコントロールできるからと言うが、彼はシャーロットを連れてくる。

シャーロットはパッドを見て、今現在ベッドに横たわっているメイブがどこかのホストと会話をしてる状態だと判明する。それはアケチェタとメイブで、彼はドローレスがすべてを破壊する前に、娘を守ることを約束していた。

感想

面白いんだけど、真剣に見れば見るほど疲れる。個々のホストが紹介され初めて面白いけど、フォードの最終的な目的とかが全然わからない。ていうかフォードは全部見通しているし。

 - WestWorld/S1-2

error: Content is protected !!