We Love Drama ♡

最新海外ドラマの相関図あらすじネタバレ

Waco:Madman or Messiah・ウェーコ包囲戦ドキュメンタリー

   

Waco:Madman or Messiah

ウェーコ包囲戦ドキュメンタリー内容

ミニシリーズの実話を元に制作されたドラマ、Waco全6話、これと同時進行で2018年の最新のWacoの2話のみのドキュメンタリーを見たのですが、ドラマとは視点が違くて新鮮だった。

テイラー・キッチュが演じる主人公のドラマの方は、ブランチ・ダビディアンのグループをあまり悪く描いていなく、逆にATFやFBIの対応が結構酷いと言う感じなのに対して、このドキュメンタリーは実際に生き残った今もブランチ・ダビディアン信者の人達の証言と、元信者達の証言、そして当時はFBIが一切放映しなかった多数の実存のビデオを元に90分のドキュメンタリーを制作。

Wacoは今までにもこの他に映画が一つ、ドキュメンタリー番組が2つあるようで、見ていないけれど見てみようかなと言う気に少しなる。

今回のMadman or Messiahは、教祖のデヴィッド・コレシュは本当に小さい子供にも銃の使い方を教え、ドラマではこのブランチ・ダビディアンを離れたい人は自由に出て行って良いと言ってるのに、実際は出て行こう人がいる者なら脅してなかなか出られないようにし、かなりの悪い奴に描かれている。

結局、51日目、FBIはしびれを切らし、デイヴィッドが自分の血がつながっている子供たちだけは建物から避難させず、食べ物が無くなってく来ても、電気を切られてもそこにとどまり続けた彼らに力づくで出そうとする。

建物に煙を入れ、出てくるだろうと思ったが、結局誰も出て来なく、火が出始め彼らの建物が燃えて行く。結局70人ほどの信者が死に、子供は25人も死んだ。

彼等と交渉を続けていたFBIの男は、その後中から生き延びた数人の信者が出てきたが、連れて来たのは犬1匹で、誰一人子供を連れて出てこなかった事を嘆いていた。

感想

ドラマの最終回を見る前に実話の全容を見たけれど、見てよかったと思う。実際に、最初に攻撃を始めたATFや後のFBIの対応や、子供が中にいるのに電気を切り、ミルクを腐らせ、やっている事は酷いと思うし、実際この事件後FBIの対応は叩かれたらしいけれど、正直ブランチ・ダビディアン信者達もデイヴィッド・コレシュも信じるものを間違っている人達だと思った。

大体、夫婦で入所して、妻がデイヴィッドと寝て子供を産んだりするなんておかしいし、実際に、父親やなどもまだ10代の娘達をデイヴィッドとそーゆう関係になっても止めもせず、25年たった今もまだ信者で居続けている人もいる。

Sponsored

 - Waco:ウェーコ

error: Content is protected !!