We Love Drama ♡

最新海外ドラマの相関図あらすじネタバレ

ホームランドシーズン7あらすじネタバレ第3話

   

ホームランドシーズン7

第3話・Standoff

前回キャリーの総合失調症に今までの薬は効かない事をセラピストから教えられ、彼女は自分でもコントロールが効かなくなってきている事を自覚し、セラピストの所へ予約なしで行き、自分には子供にはこれ以上悪くなってはならないと、処方をお願いし新しくセロクエルが処方される。あのハッカーの一件はしゃべらなかった。

キャリーは姉の家に帰宅し、一晩帰らなかった事を姉に責められ、フラニーは怖がっていたことを教えられ、キャリーはまた失調の症状が出てきていることを不安がり、泣く。姉は慰め、そしてセロクエルを服用し始める。

薬を服用し虚ろなキャリーにのところへダンテが来る。ウェリントンの家に来た女の情報を教えに来てくれた。彼女は4年前にウェリントンとブダペストで会ったフランス生まれのシモーヌという女性だった。 

彼女はもうその件は手伝えないと言い、納得のいかないダンテに自分は双極性障害だと教える。だからこの女性とウェリントンの関係はなんでもないかもしれないと(自分の想像だったかも)言うと、ダンテはシモーヌの車はマクレンドンが死んだ前の日に、刑務所の近くに停めてあったことを教える。

キャリーは今度は目覚ましにアンフェタミンを飲み、ダンテとシモーヌの家へ偵察に行く。シモーヌが出かけた際にキャリーは家に侵入し警察に捕まり逮捕。自分の名前も侵入した家の名前も言わない彼女は牢屋にいれられる。後にダンテの助けで釈放。

ソール&オキーフ

ソールはオキーフのいる場所へ行き、オキーフはいるかと青年に聞くがそんな奴はここにいないと言われる。しかし、ソールが待っているとオキーフはライフルを持った他の男達と一緒に現れる。ソールは大統領にオキーフとの交渉の権限をもらい、FBIを下がらせる。

ソールに10分だけ話すと言い、オキーフの話を聞き始める。後ろにはまだFBIと、オキーフの後ろには男達が待機している。ソールはの要望を大統領に話すが受け入れられず、その間オキーフは仲間とソールに銃を向け、FBIも皆彼らに銃を向ける。結局5秒でソールを反さないと撃つぞと言われ男達は引き下がるが、オキーフも内心ビビってる様子だ。

ウェリントンと大統領はやり方の違いで亀裂が生じ始める。FBIはオキーフ軍団に対しタンクや人員に万全の準備をし始める。そして、ウェリントンは大統領が寝ている間に、軍にシリアの空撃の許可をもらったと嘘を言い、大統領の口から聞かないと実行できないと言われるが、彼女の気が変わる前にとコードを教える。

■もう少し良い男出てこないかなぁ。
■クインの息子に会いに行くのかなぁ。
■あんまりおもしろくなかった。第4話

Sponsored

 - HomelandS5-7

error: Content is protected !!