We Love Drama ♡

最新海外ドラマの相関図あらすじネタバレ

ザ・テラー:原作のネタバレを含む登場人物相関図

   

ザ・テラー相関図

ネタバレ有りの相関図

今先どうなるのかなぁと待てずに、原作のあらすじ詳細を読んで、おぉそうなるのかーと結構驚きつつ、相関図を作ってみました。原作ダン・シモンズのThe Terrorの英語の詳細を読んだので、名前のカタカナ表記は確実ではありませんが、史実に基づくものも加わっています。

実際にテラーとエレバスの士官24名、乗り組員105人は誰一人帰らず、後の死体の発見から食料難や寒さに耐えられず、船を捨て、死体の切り口などから人肉を食べるまでに至ったというのは判明しているらしい。缶詰の鉛で原因で皆病気になったが、後の検証で実際は水の蒸留装置からの鉛中毒だったらしい。

なので、トゥンバック(魂を食う巨大なシロクマ風の怪物)などは完全にフィクションであろうけれど、170年も前の北極に、今よりも巨大な熊のような動物がいたのかもとも思えるし、もっと事実を知れたらなと思ってる。

原作の登場人物のネタバレ

■フランクは第3話でトゥンバックにあっとう間に殺されてしまう。実際に亡くなったのは1847年の6月で航海から2年目だった。

■妻ジェーンは何の音さたもない艦隊を心配し、海軍へ赴き、捜索してくれと頼みに行く。が、上官たちは、船には3年分の食料を積んでおり、莫大な金がかかるので捜索を拒否する。

■フランクリンが死んだあとはフィッツジェームズが艦長となり、仲が悪かったフランシスと少しづつ協力していくようになる。

■フランシスはフランクリンの姪のソフィアに2度求婚しているが断られている。

■グッドサーは始めの頃はおどおどしていて、女々しく、頼りない感じのアシスタント医師だったが、レディ・サイレンスとの会話を続け、フランシスの命令のイヌイット語の辞書を作る事に意欲を見せる。

■第1話でヒッキーが給士とセックスをしているところを見つけ、上へ報告すると言われるが、言葉巧みなヒッキーは上手くかわす。その後、ドラマではまだ描かれていないが、仲間を集めフランシスや上司に反逆を始め、アーヴィンを殺す。そして、フランシスも撃つ。

■ヒッキーに撃たれたフランシスをレディ・サイレンスが助け、この地でどうやって生き延びるかを教わる。そして後に2人は恋人となる。そして二人の子供を設ける。実際にフランシスが本当に生き延びていて、イヌイットの女性と結婚して子孫を作っていたなら凄いわ。

■食べるものもなく、人肉を食べ始めたヒッキー達。グッドサーを誘拐し殺そうとしたが、グッドサーは食われるくらいならと、毒を飲み自殺。グッドサーを食べた人間も毒で死ぬようにと。

■ヒッキーは一人凍死をする。ざまぁみろ。

相関図


Photo©AMC

いろいろ感想

・あの、ヒッキー演じるアダム・ナゲイティスがあのひょうひょうとしたずる賢い男を良く演じていると思う。リーアム・ニーソンとおでこさんのThe Commuter(邦題:トレインミッション)にも良い味で出演している。

・フランシスとレディ・サイレンスがくっつくのか。ヒッキーが反逆にでるのはまぁ読めるけど、これは驚いた。ドラマも同じ展開になるのだろうか。

・乗組員の服装が寒い。寒い。あれで良く2年以上耐えたなと切実に思う。マイナス50度もあるのに。ドラマだけでなく実際に、あの当時はちゃんとした装備などをしていなかったらしい。それが救助に向かった乗組員を死なせてしまったそう。

・士官達はお酒を飲んで、あったかそうな服着てさ。雲泥の差だよ。

Sponsored

 - ■いろいろ相関図, ザ・テラー(極北の恐怖)

error: Content is protected !!