We Love Drama ♡

最新海外ドラマの相関図あらすじネタバレ

最終回・ホームランドシーズン7あらすじネタバレ第12話

   

ホームランドシーズン7あらすじネタバレ第12話

あぁキャリー。ホームランドシーズン7最終回、エンディングは完全にシーズン8への続きで終わりました。

箇条書きにまずはネタバレを。

最終回・Paean to the People

■シモーヌは捕まえられ米国へ
■その代わりにキャリーが捕まり、
■副大統領が一時大統領になったが、ペイリーを追い出し、キーンが大統領に復帰
■ペイリー逮捕
■しかし、キーンは自分は民主主義を取り戻す為、米国民へのスピーチで自ら辞任をする
■ソールはロシアの捕虜になっているキャリーを奪還しようと奮闘
■ロシアの重要な捕虜と引き換えに、7か月後にキャリーを確保する

現大統領

こんな感じのエピソードだったけれど、シモーヌとキャリーのかつら作戦は上手くいったけれど、ソールたちシモーヌを乗せた車で空港へ行き、飛行機で米国へ発とうとするが、中に前の古城での作戦でロシア人を殺した男アンソンが乗っているからそいつを降ろせと言われる。

ソールは人違いで、自分達は外交によりここに来ており、国際法に守られているから手出しはできないはずだと主張するがロシア側は聞かずに、車に銃を向ける。

ソールは米国の大統領(元副大統領)に電話をし、外交で来ているからとにかく米国へ発たせてくれるように手配してくれと頼む。そこにいたペイリーは大統領をそそのかし、キーンが命令してやったことであなたが責任を取る事ではないですよと、言う。

大統領はペイリーと同じサイドかと思いきや、ロシア大使が大統領室に来たとき、ソール達を解放せよと命令し、そしてペイリーをホワイトハウスから追い出す

シモーヌの証言

米国でシモーヌは、彼女は自分はGRUの一員で自分のミッションは米国大統領キーンを引きずる降ろす事だったと証言する。アンソン、マックス達はそれをテレビで見ている。そこへソールとキーンが訪れ、感謝を述べ、必ずどんなことをしてでもキャリーを取り戻すと彼らに約束をする。

キャリー

ロシアに捕まってしまったキャリー。はじめの3日間は本を与えられ悪くない捕虜生活をしていたが、そこへエフゲニーが来る。ビデオを前に、シモーヌはCIAですべては米国サイドのでっちあげだとロシアに謝罪をしろと言う。(わざとまた米国を混乱させる為のビデオ)キャリーは断るが、キャリーの薬を持ってきて、まだここにいるのは長くなるから、お前には薬が必要だろうと条件を出す。

バイポーラーの薬なしでおかしくなるか、本を与えられ有意義に過ごすかだ、と。

キャリーは護衛の男になんでもするからと薬を持ってきてくれないか?と頼み、男は夕飯と一緒に薬を一つ持ってくる。キャリーは安堵し、エフゲニーが最終判断を聞きに来た時も、嘘の供述をすることは断る。

が、エフゲニーはあの護衛が持ってきた薬は偽もので、あの男はスイスに移動になったと言う。キャリーの計画は全て御見通しで、キャリーの顔は引きつるが、それでも断る。

7か月後

ソールは重要なロシアの捕虜を交換に、エストニアとロシアの国境地点でキャリーを奪還することになる。ロシアサイドへ行き、男2人に連れられて来たキャリー。髪は伸び、行っていいぞと言われても何が何だかわからない様子。走って米国人サイドへ行くが、転び、ソールがキャリー大丈夫かと聞いても目は点があっていないしソールを認識していない。

感想

キャリー。なんて可哀そう。途中カツラ被って逃げてる時、もうシモーヌの事はいいかたカツラ捨ててどこかに隠れろーと何度も思ったけど、捕まるとは。そして7か月後とは。

シーズン8ではまたロシアが出てくるだろうけど、なんか24でジャック・バウアーが中国に長い間拷問されて帰国した感じ。キャリー、薬を飲み始めても治るのかしら。フラニーに会えるのかな。可哀そうだなぁ。まぁ、エンディングでキャリーがソールの手に渡った点は良かった。あのままロシアにいて終わりを迎えたら気が気でない。

シーズン7、後半がスピードアップで断然面白かったです。

 - HomelandS5-7

error: Content is protected !!