We Love Drama ♡

最新海外ドラマの相関図あらすじネタバレ

最終回ザ・テラー/The Terrorあらすじネタバレ感想・第10話

   

The Terror最終回ネタバレ

第10話・命果てる地:We Are Gone

拉致され、ヒッキーのいる陣地へ連れて行かれるフランシス。そしてヒッキーが死んだジェームズが履いていたブーツを履いているのを見つける。(埋葬したのに)

一方、隊長がいなくなり、南へ進めと言われた通りにここを離れたい者達と、ヒッキーのところへ行き、隊長を連れ戻すと言うエドワードと話し合いが始まる。

しかし、多数決でフランシスが言った通りに南へ進む事にする一行。ソリまで行けない病気の者達には缶詰を残し置いていくことにした。

グッドサーは転んで怪我したフランシスを診る。誰が残っており、銃を持っており、そして肉を食べた事を話す。人を食肉用に切った事に後悔と自責の念を抱え、自分はもう医者じゃないと話すグッドサーに、君は汚くないと思いやる。

フランシスはチャンスがあったら自分を構わずに逃げろと言い、グッドサーはイギリスに戻ったら組員の形見を彼の妹に渡して欲しいと指輪を渡す。

グッドサーは自分の体を食べられる番になったら、足の堅い部分だけを食べるようにとフランシスにアドバイスする。

一方、容体がかなり悪いジョブソンは置いていかれ、這いずり外に出て、歩いていく仲間の後ろ姿を見る。彼はフランシスが豪華な食事をしている幻覚を見て、隊長が自分を置いて行ったと思いながら動けなくなる。

グッドサーの毒

グッドサーは自分の体に毒を塗り、そして毒を飲み、手首を切り、自害する。自分の肉を食べたものが死ぬように、と。

翌朝グッドサーが死んでいるのを見つけ、案の定食肉となる。ヒッキーはフランシスに勧めるが拒否をするが、ヒッキーがまた誰かに危害を加えそうだったので、ナイフで足の裏の肉を取り、ヒッキーの前で食べて見せる。

フランシス達はそりを引かされ、崖のところまで見なで来る。ヒッキーはトゥンバックが来るのを待っており、仲間を鎖につないでいる。毒の所為で吐く者もいる。

ヒッキーは本物のヒッキーが1年北極で、その後は反対側の南の島にでるという話を聞いた事を皆に話は始める。本物のヒッキーを殺し、この船に乗り、島に着いたら出直すつもりだったと自分の計画を話し続ける。

ヒッキーが歌を歌いだすと、トゥンバックがやって来る。

男達はライフルを手に構えるが、逃げる者や毒で倒れる者、食われる者。鎖に繋がれているフランシスはソリの横に隠れ、ソリの上にいるヒッキーは自ら舌を切り取り、トゥンバックに捧げようとするが、腕から食われ、体を引き裂かれ殺される。

そして、トゥンバックもヒッキーの腕を食いちぎったからか、苦しみその後死んでしまう。フランシスはその場で気を失う。

サイレンス

レディ・サイレンスはフランシスを見つけ、鎖が付いている手首を切り、助ける。彼女は看病を続け、彼はイヌイット語で彼女に話かける。フランシスはサイレンスと一緒に部下を探しに行くが、地面を這ったまま死んだジョブソンを見つけ、人肉を食した跡を見つけ、顔の皮膚に鎖を付けられて瀕死のエドワードの最期を看取る。(誰がやったの?ヒッキー達?眠らない為に自分?)

イヌイットのキャンプへサイレンスはフランシスを連れて行き、彼はサイレンスの名前がシルナだとわかる。皆死に一人になった彼は部族の長に聞かれ、春になったら決めればよいと彼を置いてくれる。

翌朝、サイレンスは既にどこかにいなくなっており、トゥンバックを失った彼女は一人で生きて行かないといけない定めだと教えられる。探しに行こうとするが、誰一人彼女がどっちの方向へ行ったのかも教えてくれない。

1850年9月

1850年9月、遂に救助隊がやって来る。フランシスは船はなく、我々皆いなくなったと伝えてくれとお願いする。フランシスは隠れてテントの後ろで話を聞いていたが、アザラシを狩りに出かける。氷が一面に続く場所で、アザラシの穴を見つけ狙いを定め静かに待つ。後ろのソリには少年が眠っている。

感想

ヒッキーの気持ち悪くもなんか頭が切れるキャラ、そして後半のフランシスの優しさが見ていて面白かったです。自分は特別だと思い、自ら舌を切り、トゥンバックを支配できるとでも思ったのか、結果あっけなく殺されてしまい、そして、イギリスの救助隊が来たのに、自分はもうあの場所へは戻らず、北極へ残る事にしたフランシス。

原作ではサイレンスと結婚し子供ができたとあったけれど、ドラマではサイレンスと結ばれることなく、イヌイットの一員として静かに狩りをしているシーンで終わった個所も、ほぼ全て面白かった。

フランシスが故イギリスを捨て、北極に生き残った半生をシーズン2で全4話位で制作して欲しいな。

Photo©AMC

Sponsored

 - ザ・テラー(極北の恐怖)

error: Content is protected !!