We Love Drama ♡

最新海外ドラマの相関図あらすじネタバレ

ミスターメルセデス・シーズン2最終回第9&10話ネタバレ感想

   

Mr.Mercedesシーズン2最終回ネタバレ

ビル・ホッジス元刑事のミスターメルセデスとの戦いが終わってしまいました。

正直に感想を述べると、シーズン2はシーズン1に比べてだめでした。なんか設定に無理があったのと、ブレンダン・グリーソン演じたビル・ホッジス元刑事の演技が断然上で、他というかブレイディのシーズン2でのキャラ設定がなんかなぁ、やりすぎちゃった感が有って残念でした。

後記※なんと、この出来でシーズン3を制作するらしい。ホッジスは最高たっだけれど、これでもかとブレイディを死んだと見せかけて実は実験するために生きていました、とかはやめて欲しい。

第9話・Walk Like a Man

第8話のエンディングで、ホッジスが病院へ行くとブレイディは既に病室からいなくなっていて、第9話では歩いて外へ行き、フェリックス医師の家まで行き、夫婦を脅し、車に乗り、結局警察へ行き、取り囲まれ自首をする。

そして、彼は昏睡状態にあった病室での出来事を全て覚えており、ホッジスが酸素チューブをしばらく潰していた事実を告白し、ビル・ホッジスは逮捕される。

そしてブレイディと隣の牢屋に入れられる。

第10話・Fade to Blue

最終回で、このまま続くのかシーズン2で終わるのかと気になりながら見た第10話ですが、ほぼ裁判のエピソードになりました。

ブレイディの弁護士は、彼は大量殺人を行った時のブレイディではないと主張をし、(フェリックスの投与した薬が効いて昏睡状態から奇跡的に回復し、今の彼の中にはもう昔の彼はいないと)

彼の無罪を訴える。

対する、あきらめ気味のモンテスに、ホッジスはルーに、今のブレイディと会って彼が昔と変わっていないと証言してもらうしかないと提案し、ルーは恐れながらも彼と対面する。

ブレイディはルーの前で昔の職場での話を始め、自分には君しか友達なかったと言い、刺したことを涙ながらに謝罪する。

ルーは、証言台でそのままを話すが、やはりブレイディは前と変わっていないと皆に証言する。

そして、証言台から降り、歩いて法廷を出ようとしたとき、彼の顔の前で私はあんたを許さないから、と青い拳銃で彼の顔面を撃つ。

その拳銃はかつてブレイディがルーに3Dプリンターで作り方を教わった銃で、ブレイディは死亡が確定され、事件は収拾がつく。

ホッジスは長年のミスターメルセデスの存在が消え、リタイアらしく以前描いていた絵を始めていたり、妻とはよりを戻し、万事OKに見えるが、絵に描いていた太陽に、ミスターメルセデスのスマイルマークを描いてみる。ここで終わり。

感想

何度も書いたけれども、奇跡の薬を投与していたからと言って、今まで昏睡状態で(装っていた)寝たきりだったのに、あんな風には歩けないだろうし、なんか病院を抜け出してからの設定に無理があるよなぁと。

シーズン2の前半全体を占めていたブレイディが催眠術をかけていたのもいまいち説明不足だし、フェリックス夫婦も、違法で勝手に薬を投与していたのがばれたのに、なんかおとがめなしだし。

おいおい、と突っ込み満載のシーズン2になってしまい、楽しめたのは、ホッジスのキャラが愛らしく、終始怒ってる熊のようで、言葉使いや表情、事件解決の為なら結構しらっとで嘘をついたりと、彼の演技が一番良かった。

こんな終わり方でなんか残念。

Sponsored

 - Mr.Mercedes

error: Content is protected !!